[MFJ]JRR Rd.5 J-GP2 水野涼が関口太郎との一騎打ちを制し、今季4勝目

170626_01

生形はアクシデントで転倒。水野がポイントリードを広げる

15周で争われたJ-GP2クラス決勝。序盤は岩戸亮介がトップに立つが、2周目いは関口太郎、3周目には水野涼とトップが入れかわって行く。

水野はレースをリードし、これについていけたのは関口のみ。トップ争いは水野と関口の一騎打ちとなり、レース終盤に関口が前に出るも水野が抜き返し、そのままチェッカー。今シーズン4勝目を挙げた。

生形秀之が10周目の第2ヘアピンで起きたアクシデントで転倒。再スタートを切るが15位に終わったため、水野がポイントリードを広げる結果となった。

関口は2位に入り、暫定ランキングでも2番手に浮上。3位争いも榎戸育寛と岩戸の一騎打ちとなっていたが、これを榎戸が制している。

J-GP2 リザルト(上位11名)

1 634 水野涼 HP6q 15 28’27.673
2 44 関口太郎 HP6 15 +0.155
3 32 榎戸育寛 KALEX 15 +8.358
4 31 岩戸亮介 MD600 15 +8.421
5 39 柴田陸樹 カワサキ 15 +15.399
6 36 徳留真紀 SPEEDUP 15 +27.032
7 17 井筒仁康 カワサキ 15 +27.186
8 33 K.クボ ヤマハ 15 +28.618
9 5 石塚健 カワサキ 15 +28.787
10 70 岩﨑哲朗 カワサキ 15 +28.955
11 10 大木崇行 HP6 15 +37.422

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る