[MotoGP]Rd.8 ロッシが激闘を制し、今シーズン初優勝! ランキング3位へ浮上

■大会名称:第8戦オランダGP
■開催日:2017年6月23日(日)決勝
■開催地:アッセン/オランダ
■コースコンディション:ウェット
■気温:18度
■路面温度:22度

GP初優勝から20年と313日目。最長の優勝記録を築く

灰色の雲が頭上に広がるアッセンTTサーキット。ロッシはグリッド4番手から好スタートを切り、J・ザルコ、M・マルケスに続く3番手。トップを狙う果敢な走りを見せ、3ラップ目と4ラップ目にはファステストラップを更新しながらついていった。

そのすぐ後ろにはDペトルッチ。そしてまずマルケスの背後に迫り、第1コーナーでパス。次のラップで同様の方法でザルコも抜いてトップに躍り出る。

そのあとの第4コーナーではザルコと接触するもロッシがトップをキープ。4ラップ後には、2位以下がバトルを展開する間に少しずつリードを拡大していった。

アドバンテージは約1秒まで広がったが、残り8ラップで雨が降り出したため、白旗が提示されてペースダウンを余儀なくされた。これで再び後続に追いつかれ、ロッシはトップを守るために、あらゆる手を尽くして必死の走り。

そして残り5ラップでは一旦、ペトルッチに先行を許すが決してあきらめず、次ラップにてシケインで抜き返してYZR-M1の敏捷性を見せつけた。

最後の数ラップは周回遅れも現れて予想外のドラマが展開されたが、ロッシは少しもぶれることなく前を見て走り切り、0.063秒差でトップチェッカー。今シーズン初勝利を挙げた。

前日までコンディションに苦労していたが、ウイーク最終日を見事な勝利で締めくくることに成功。グランプリ初優勝から20年と313日目。全クラスを通じて、その優勝の歴史は最長のものとなった。

ビニャーレスは転倒リタイア。マルケスが3位表彰台

チームメイトのM・ビニャーレスはグリッド11番手から順調にポジションを挽回。トップグループに近づいていたが、第17コーナーで転倒。痛恨のリタイアに終わった。

予選2番手から決勝に挑んだマルケスは、ザルコ、ロッシ、ペトルッチとトップグループを形成。路面コンディションは限界が分かりにくく不安定な状態で、加えてタイヤに厳しい戦いになることから、互いにけん制し合う神経戦を繰り広げた。

その中でマルケスはチャンピオンシップを考え、着実に走りきることに専念。そのため優勝争いからはやや遅れながらも、クラッチロー、ドヴィツィオーゾとの熾烈な3番手争いを制し、今季4度目の表彰台に立つことに成功した。

ライダースランキング争いがさらに熾烈に

今大会を終え、ランキングトップを守っていたビニャーレスは2位へ転落。確実にポイントを獲得したドビツィオーゾが1位となった。ロッシは5位から3位へ浮上。その後ろをマルケス、ペドロサが追う。

1位から4位までのポイント差はわずか11。次戦でほぼ確実に順位変動が起こるほど、熾烈な様相を呈してきた。

Gallery

RESULT

1 46 V.ロッシ ヤマハ 41’41.149
2 9 D.ペトルッチ ドゥカティ +0.063
3 93 マルク・マルケス Honda +5.201
4 35 カル・クラッチロー Honda +5.243
5 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ +5.327
6 43 ジャック・ミラー Honda +23.390
7 17 K.アブラハム ドゥカティ +36.982
8 76 L.バズ ドゥカティ +37.058
9 29 A.イアンノーネ スズキ +37.166
10 41 A.エスパルガロ アプリリア +1’01.929
11 44 P.エスパルガロ KTM +1’09.384
12 53 ティト・ラバト Honda +1’10.121
13 26 ダニ・ペドロサ Honda +1’10.344
14 5 J.ザルコ ヤマハ +1’35.655
15 99 J.ロレンソ ドゥカティ +1Lap
16 8 H.バルベラ ドゥカティ +1Lap
17 42 A.リンス スズキ +1Lap
RT 45 S.レディング ドゥカティ +2Laps
RT 19 A.バウティスタ ドゥカティ +9Laps
RT 38 B.スミス KTM +13Laps
RT 25 M.ビニャーレス ヤマハ +15Laps
RT 94 J.フォルガー ヤマハ +17Laps
RT 22 S.ロース アプリリア +18Laps

RIDERS RANKING

1 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ 115
2 25 M.ビニャーレス ヤマハ 111
3 46 V.ロッシ ヤマハ 108
4 93 マルク・マルケス Honda 104
5 26 ダニ・ペドロサ Honda 87
6 5 J.ザルコ ヤマハ 77
7 9 D.ペトルッチ ドゥカティ 62
8 99 J.ロレンソ ドゥカティ 60
9 35 カル・クラッチロー Honda 58
10 94 J.フォルガー ヤマハ 51
11 43 ジャック・ミラー Honda 40
12 19 A.バウティスタ ドゥカティ 34
13 45 S.レディング ドゥカティ 33
14 76 L.バズ ドゥカティ 31
15 29 A.イアンノーネ スズキ 28
16 41 A.エスパルガロ アプリリア 23
17 53 ティト・ラバト Honda 23
18 8 H.バルベラ ドゥカティ 21
19 17 K.アブラハム ドゥカティ 20
20 44 P.エスパルガロ KTM 11
21 42 A.リンス スズキ 7
22 51 M.ピロ ドゥカティ 7
23 38 B.スミス KTM 6
24 22 S.ロース アプリリア 2
25 50 S.ギュントーリ スズキ 1
26 12 津田拓也 スズキ 0

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る