ホンダ、2017年”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会 参戦体制を発表

ホンダは、「FIM 世界耐久選手権シリーズ最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会」に参戦する主なHondaチームの体制を発表した。

以下リリースより

EWC最終戦 鈴鹿8耐 参戦体制について

40回目の大きな節目を迎える今年の鈴鹿8耐に各主要チームは新型CBR1000RR SP2で参戦し、タイトル奪還を目指します。

今季、開幕から世界耐久選手権シリーズ(以下、EWC)に参戦し、この鈴鹿8耐で最終戦を迎えるF.C.C. TSR Hondaは、FIMスーパーバイク世界選手権シリーズで活躍中のステファン・ブラドルと、FIMロードレース世界選手権(以下、MotoGP)Moto2クラスに参戦中のドミニク・エガーターを迎え、優勝を狙います。

MuSASHi RT HARC-PRO. Hondaは、これまでに3度の鈴鹿8耐優勝経験を持ち、現在、MFJ全日本ロードレース選手権(以下、JRR) JSB1000クラスに参戦中の高橋巧と、MotoGP Moto2クラスに参戦中の中上貴晶に加え、昨年のMotoGPオランダGPで優勝し、鈴鹿8耐に初参戦となるMotoGPライダー、ジャック・ミラーを迎え、3年ぶりの優勝を目指します。

昨年の鈴鹿8耐でHonda勢最上位となる8位を獲得した、参戦6年目のSatu HATI. Honda Team Asiaは、FIM CEVレプソルMoto2ヨーロッパ選手権に参戦中のディマス・エッキー・プラタマと、FIM アジア ロードレース選手権に参戦中のラタポン・ウイライロー、ザクワン・ザイディの体制で、今年も上位入賞を目指して挑戦します。

また、au&テルル・Kohara RTはJRR JSB1000クラスに参戦中の秋吉耕佑、FIMスーパースポーツ世界選手権に参戦中の大久保光、MotoGP Moto2クラスに参戦中の長島哲太の体制で臨みます。
Honda Dream RacingはJRR JSB1000クラスに参戦中の山口辰也を中心にチームを編成します。そして、9年ぶりに鈴鹿8耐へ復帰するMORIWAKI MOTUL RACINGは、JRR JSB1000クラスに参戦中の高橋裕紀と清成龍一の体制で優勝を目指します。

さらに、Honda DREAM RT 桜井ホンダは、JRR J-GP2クラスに参戦中の水野涼と英国スーパーバイク選手権のジェイソン・オハローランを迎え、2年ぶりの参戦となります。
Hondaに部品を供給するサプライヤー16社の連合によるTeam SuP Dream Hondaは、4度の鈴鹿8耐優勝経験を持つベテランライダーの伊藤真一に、EWC参戦中のグレッグ・ブラック、ジョシュ・フックを迎え、上位入賞を目指します。

鈴鹿8耐に参戦する主なHondaチーム

ゼッケン チーム名 マシン ライダー名
5 F.C.C. TSR Honda
(エフ・シー・シー・
ティーエスアールホンダ)
CBR1000RR SP2 ステファン・ブラドル
(Stefan Bradl)
ドミニク・エガーター
(Dominique Aegerter)
未定
(TBA)
19 MORIWAKI MOTUL RACING
(モリワキ・モチュール・
レーシング)
CBR1000RR SP2 高橋 裕紀
(Yuki Takahashi)
清成 龍一
(Ryuichi Kiyonari)
未定
(TBA)
22 Satu HATI. Honda Team Asia
(サトゥ・ハティ・
ホンダ・チーム・アジア)
CBR1000RR SP2 ディマス・エッキー・プラタマ
(Dimas Ekky Pratama)
ラタポン・ウイライロー
(Ratthapong Wilairot)
ザクワン・ザイディ
(Md Zaqhwan Zaidi)
72 Honda DREAM RT 桜井ホンダ
(ホンダ・ドリーム・アールティー・
サクライホンダ)
CBR1000RR SP2 水野 涼
(Ryo Mizuno)
ジェイソン・オハローラン
(Jason O’Halloran)
未定
(TBA)
79 Team SuP Dream Honda
(チーム・サップ・ドリーム・ホンダ)
CBR1000RR SP2 伊藤 真一
(Shinichi Ito)
グレッグ・ブラック
(Gregg Black)
ジョシュ・フック
(Josh Hook)
090 au&テルル・Kohara RT
(エーユーアンドテルル・
コハラ・レーシングチーム)
CBR1000RR SP2 秋吉 耕佑
(Kosuke Akiyoshi)
大久保 光
(Hikari Okubo)
長島 哲太
(Tetsuta Nagashima)
104 Honda Dream Racing
(ホンダ・ドリーム・レーシング)
CBR1000RR SP2 山口 辰也
(Tatsuya Yamaguchi)
未定
(TBA)
未定
(TBA)
634 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda
(ムサシ・アールティ・ハルク・
プロ.ホンダ)
CBR1000RR SP2 高橋 巧
(Takumi Takahashi)
中上 貴晶
(Takaaki Nakagami)
ジャック・ミラー
(Jack Miller)

※上記参戦体制は、6月22日時点のもので、変更となる場合があります。
※ゼッケン番号に基づいた順で、チーム名を掲載しています。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る