一人旅に「ライダーズテント」、昭和な雰囲気のレトロな「タンクバッグ」インプレ2選

Webikeコミュニティ「今週のGOOD!インプレッション」から、ピックアップしてご紹介!

今週は、一人旅に最適なドッペルギャンガーの「ライダーズタンデムテント」、昭和を代表するオートバイ用タンクバッグの名品「コロナツーリングバッグ復刻版」のインプレをお届けします!

受賞者:[未公開ユーザーさん]
インプレッション対象商品:[ドッペルギャンガーアウトドア:RIDERS TANDEM TENT]

《これは買いだと思います。》

3回使用しました。晴れで2回。雨降り1回。特に雨降りでの水漏れなし(土砂降りではありません)。
朝露のテント内侵入なし。
設営時間は10分もあれば出来ます。大きさは自分はソロで使用していますが、180cmの身長でちょうどいいぐらい。

インナーテント内はドッペルのコットンを持ち込んで、小さい椅子をおいて晩酌できる程度の広さ。しかし寝るのは二人が限界でしょう。
幕の厚さは少し薄い印象がありますが、特に気になりません。窓もいい位置にあり前室風通しもいいです。グランドシートは必須。
前室の広さも必要十分です。足りなければ新たなタープを張ってもいいですが、このテントを選ぶ方は張らないでしょう。

ただどう頑張っても前室タープがピシッと張れません。ちょっとカッコわるいかな。まあ、自分が悪いかも。
強風時は使っていませんが、それほど風に強いとは思いません。強風時は使用しないほうがいいと思います。

⇒インプレをもっと詳しく

受賞の理由

ドッペルギャンガーのライダーズタンデムテントの初インプレッションを頂きました!
前室の広さが分かりやすい画像付きです♪
バイクですとタープを別に持っていくのも荷物になってしまうので、”これは買い”というのも頷けます。
これから本格的にキャンプシーズンに入りますが、テントで悩んでいる方は要チェックです!
 

受賞者:[ポイ・シュガポフさん]
インプレッション対象商品:[ジャパンドラッグ JAPAN DRAG:コロナツーリングバッグ]

《昭和時代のタンクバッグです。》

カーキグリーンのLタイプを購入。
ドリームCB450エクスポート(1970年製)にて使用中。
装着はベースをゴムバンド留めするだけ、という簡単さです。写真3にありますが、ベースがタンクキャップと干渉しますので、キャップ部分だけくり抜きました。これをすれば、ベースを付けたまま給油もできますのでおススメです。

バッグ本体はクリップで4か所で固定します。強度は十分だと思います。走行に関しても特に支障はありませんでした。
容量は必要にして十分。
工具、財布、携帯電話、モバイルルーターとバッテリ―、喫煙具など入れても多少の余裕があります。
出先でお土産類を買い込むまでは余裕はありません。拡張性もゼロです。恐らく雨具まで入れたら容量一杯になってしまうでしょう。

⇒インプレをもっと詳しく

受賞の理由

昭和を代表するオートバイ用タンクバッグの名品「コロナツーリングバッグ」復刻版のインプレッションです!
画像を見ていただければわかります……
ドリームCB450エクスポートとのマッチングが最高ですね♪
最近のタンクバッグほどの拡張性はありませんが、”昭和のバイクには昭和のタンクバッグ”がよく似合っています。
装着や実際に使用してみての感想も書いて頂いていますので是非参考にしてみてください!

 

【選ばれれば最大3,000ポイント!Webike GOODインプレッション】
「今週のGOOD!インプレッション」ページへ

ライダーの生の口コミが集まる
Webikeコミュニティ インプレッション

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る