【Ninja250(2014) 試乗インプレ】親しみやすさはピカイチ!誰でもいつでも楽しめるバイク!

欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレポートをお送りする、【気になるバイクを徹底インプレ!】

【カワサキ Ninja250(2014)】
ディテール&試乗インプレッション

Webikeバイク選びスタッフ】

今回の【気になるバイクを徹底インプレ!】はカワサキのNinja250(2014)です!
先代のNinja250Rから更に洗練されたフォルムや性能は、常にそのクラスを引っ張り続けてきています。
その魅力について、試乗して体感してきました。
前回のNinja250SLとの比較もしております!

※今回お借りした車両は一部カスタムされています。
カスタム箇所:スクリーン、サイレンサー

【Ninja250:現行車種の詳細スペックはこちらから】
Ninja250SLのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja250SLの掲載車両一覧を見る

エッジの効いたフォルムが250とは思えない存在感を出す

フォルムは全体的にエッジの効いたデザインで、いかにも「スポーツバイク」という風貌をしています。
シャープなフォルムではありますが、Ninja250SLと比較するとやや大きく感じますね。
ですが取り回しが重いわけでもなく、女性にも扱いやすいサイズです(撮影車両のオーナーも女性です)。

Ninja250Rからガラリと変わったフロントマスク

フロントマスクはどことなくZX-6Rを思わせるような雰囲気になってますね。ひと目で引きつける魅力があります。
先代Ninja250Rの1灯式から2灯式に変わっています。ヘッドライトはロービームで片側点灯、ハイビームにすると両側点灯です。

テールライトはシャープではあるものの、ヘッドライトの雰囲気と比べると少しシンプルすぎるかな?という印象です。
LEDのクリアテールなどに交換すると雰囲気がガラッと変わって一層格好良くなりそうです。

アップ気味のセパハンで意外と楽なポジション♪

Ninja250SLがトップブリッジ下のセパハンになっているのに対し、アップ気味のセパハンになっているのでSLよりはハンドルを握りやすいポジションになっています。
スポーツ走行だけでなく、ツーリングも楽しむ上でキツすぎないポジションは嬉しいですね!

シートは座りやすいが、タンデムに難あり

メインのシートは比較的座りやすいです。座面も広くクッション性も高いので長距離を走ってもそこまで苦になることは無さそうです。
しかし、タンデムシートが小さいのであまり座り心地が良くはありませんでした。
座面の小ささに加えて掴む場所も無いのでタンデムにはあまり向いていないと思います。

視認性とデザイン性が良いメーター周り

タコメーターが中央に配置されており、すぐに視界に入ります。
メーターの針が上昇していくと、ついついテンションも上がっていってしまいますよね!
スピードメーター含めて視認性は良いのはもちろん、ルックスもイケてます。

とにかく足つき良し!ビギナーも安心!

足つきは非常に良いので、重たいバイクを取り回す自信の無い方や、女性にも安心です。
実際に身長別で比較してみます。

身長:180cm

余裕がありますが、前寄りに座るとハンドルが近くて少し窮屈でしたので、後ろ寄りに座ってちょうど良いくらいです。
乗車中は膝がタンクサイドカバーにちょうど当たってしまい、ニーグリップ中は違和感があったのが気になりました。

身長:168cm

足つきに問題はありません。
腕が伸び気味になってはいますが、車体の軽さでカバーされるので停車中の不安はかなり少なくなっています。

Ninjaの走りを堪能!これぞ250ccスポーツ!

走行時の第一印象は、「あれ・・?意外とレスポンスが良い方ではないな・・・」でした。
アクセルの動きに対してのレスポンスが緩かったのは意外でした。少し早めに加速していきたい場面ではやや物足りなく感じました。
そういう部分ではNinja250SLの方が加速性能が良く、刺激のある走りができると思います。

しかし、大型バイクに混ざってのツーリングや、峠道での走行は十分に楽しめる性能を持っていると思います。
軽さとツインならではの低・中速域でのトルクというのは大きな魅力です。

250ccスポーツバイクを引っ張り続けたNinja250について、実際に試乗してみるとその理由がわかった気がします。
とにかく乗りやすくて欠点の少ない車両ですので、初めてのバイクとして選びやすいですね。
また、サーキット走行はもちろん、街乗りやロングツーリングまで活躍シーンも多様だと思います。
カスタムパーツも豊富にありますので、自分の走り方や楽しみ方に合わせて車両の特性を変えていくことができるバイクなのではないでしょうか。
「誰でも、どこでも、いつでも楽しめる」。それがNinja250の最大の魅力であり、選ばれ続ける理由なのだと思います。

【Ninja250:現行車種の詳細スペックはこちらから】
Ninja250SLのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja250SLの掲載車両一覧を見る

記事協力 [ Webikeバイク選び ]

ウェビックバイク選び スタッフ

ウェビックバイク選び スタッフ

投稿者プロフィール

900ccスポーツバイクとカブを所有。好きなジャンルは90年代のSS。
ツーリングメインのライダーですが、たまにサーキットも走ってスポーツ走行も楽しんでます。
一般ライダーの視点で様々な車種の試乗インプレをお届けします!

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る