[WSB]Rd.7 Kawasakiのサイクスとレイが2レースともに表彰台!ランキングトップ2を堅守

第7戦イタリア・リミニ大会が、6月16日(金)~18日(日)の3日間、ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで開催された。

バリエーション豊かなコーナーが連続し、リズム感あふれるサーキットで、今年も3日間を通して天候に恵まれ、絶好のコンディションの中で行われた。

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第7戦イタリア大会
■開催地:イタリア/ミサノ(1周 4.226km)
■周回数:レース1 21周(88,746 km)、レース2 21周(88,746 km)

レース1
■開催日:2017年6月17日(土)
■コースコンディション:
■気温:27度
■路面温度:48度
■PP:T・サイクス(Kawasaki/1分33秒662)
■FL:M・ファン・デル・マーク(Yamaha/1分35秒297)

レース2
■開催日:2017年6月18日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:27度
■路面温度:45度
■PP:T・サイクス(Kawasaki/1分33秒662)
■FL:J・レイ(Kawasaki/1分35秒586)

【レース1】サイクスが前戦に続き連続勝利

ドニントン・パークで今シーズン初勝利を挙げたKawasakiのサイクスは、最終ラップでも4位をキープする粘りの走りを展開。ライバル達の不調やクラッシュもあり、そこから見事にトップまで順位を上げてフィニッシュ。前戦に続く連続勝利を達成した。

チームメイトのレイは、序盤でYamahaのファン・デル・マークのクラッシュに巻き込まれそうになり、Ducatiのデイビスのクラッシュに関係するなど苦戦を強いられたレースとなったが、最終的には3位でフィニッシュした。このレースで、レイは自身のキャリアで100回目の表彰台を獲得した。

鈴鹿8耐への参戦が決まっているYamahaのローズは、このレースで2位表彰台を獲得。今シーズン初の表彰台を獲得した前回大会に引き続き、好調な走りを披露した。

【レース2】メランドリがDucatiで初勝利

レース1では15位。満足のいかない結果に終わっていたメランドリは、レース2ではマシンのセッティングを変え、リードを取った後はスムーズな走りを展開。Ducati移籍後の初勝利を達成した。

チームメイトのデイビスはレース1でのクラッシュの影響で、このレースの参戦を見送った。ランキング3位はキープしているが、今大会は決して満足のいかない結果となった。次戦アメリカ・ラグナセカ大会での復帰を目指し、回復に専念するとコメントしている。

Kawasakiのレイとサイクスはこのレースでも安定したレース運びを見せ、レイが2位、サイクスが3位でフィニッシュ。ランキングトップ2の座をより強固なものにした。

Gallery

RESULT Race.1

1 T・サイクス Kawasaki GBR 01’35.667
2 A・ローズ Yamaha GBR 00’04.551
3 J・レイ Kawasaki GBR 00’08.126
4 J・トーレス BMW ESP 00’10.850
5 X・フォーレス Ducati ESP 00’13.649
6 E・ラバティ Aprilia GBR 00’20.508
7 R・クルメナッハ Kawasaki CHE 00’22.498
8 R・ラモス Kawasaki ESP 00’26.329
9 L・サバドリ Aprilia ITA 00’28.965
10 R・デ・ロサ BMW ITA 00’32.171
11 L・キャミア MV Agusta GBR 00’38.314
12 A・デ・アンジェリス Kawasaki RSM 00’39.829
13 A・バドビーニ Kawasaki ITA 00’50.478
14 O・ジェゼック Kawasaki CZE 00’55.208
15 M・メランドリ Ducati ITA 01’02.645

RESULT Race.2

1 M・メランドリ Ducati ITA 1’35.615
2 J・レイ Kawasaki GBR 00’01.113
3 T・サイクス Kawasaki GBR 00’01.285
4 M・ファン・デル・マーク Yamaha NLD 00’13.364
5 E・ラバティ Aprilia GBR 00’19.917
6 L・サバドリ Aprilia ITA 00’26.019
7 R・デ・ロサ BMW ITA 00’29.724
8 R・クルメナッハ Kawasaki CHE 00’30.183
9 L・メルガド Aprilia ARG 00’37.447
10 S・ブラドル Honda DEU 00’42.651
11 A・バドビーニ Kawasaki ITA 00’57.524
12 O・ジェゼック Kawasaki CZE 01’10.654

RIDERS RANKING(上位6名)

1 J・レイ Kawasaki 296
2 T・サイクス Kawasaki 246
3 C・デイビス Ducati 185
4 M・メランドリ Ducati 163
5 A・ローズ Yamaha 141
6 M・ファン・デル・マーク Yamaha 115

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る