【ヤマハタイランドチームノリック】全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦

■大会名
全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 ツインリンクもてぎ

■開催日
2017年6月10日(土)~ 6月11日(日)

■開催場所
栃木県 ツインリンクもてぎ

■J-GP2クラス
#33 ケミン・クボ 決勝:9位

 

2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 in ツインリンクもてぎ レポート

 
全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦J-GP2クラスにヤマハタイランドチームノリックのケミン・クボ選手が出場!

前回の菅生では無念のリタイアとなりましたが、その後の鈴鹿サーキットで行われたアジアロードレース選手権第3戦を走り終えたあと、次はトップ10に入ると目標を立てたケミン選手。果たしてその結果は…?

 
全日本 第3戦の菅生とは打って変わって、梅雨時期にも関わらず見事に晴れた第4戦。予選では1’56.131秒のタイムで決勝は15番グリッドとなりました。14番手までの差はあと僅か0.081秒と接戦でした。

 
決勝は15番グリッドからのスタート後、2周目には14番手、4週目には13番手と着実に追い上げていきます。早くも5周目には10番手となり、目標としていたトップ10入りの射程圏内まで入りました。

更に追い上げは進み、前走車の転倒もあり13周目では8番手まで上がります!

その後は8番手争いが続きますが、18周目ではポジションを奪われ9番手となりました。以降の順位変動はないまま第4戦は9位でフィニッシュです。

 
まだ今後の課題は残りますが、当初の目標を達成することができた今回のレース。転倒リタイアを喫した第3戦と比べてケミン選手の自信も、より大きなものとなったはずです。

 
次回の全日本第5戦は6月24日~25日にオートポリスにて開催されます。
応援をよろしくお願いします!

 



 

ケミン・クボ
■全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 ツインリンクもてぎ J-GP2
リザルト:決勝 9位
Best Time:1’55.894

 

 
全日本選手権第4戦の茂木ラウンドは15番グリッドから9位でフィニッシュすることができました。
当初立てていたトップ10入りの目標を達成することができました!ただし、求めているベストの結果ではありません。

限られた時間の中でチームのメカニックの方と全力でマシンセッティングも調整を行いました。そのおかげでサスペンションのセッテイングが予選より良くなっていることが実感できました。

しかしそれで満足も納得もできるワケではありません。今回学んだ事を活かして次戦のオートポリスに臨みます。マシンを通じてライダーとメカニックの理解を深めることが、マシンの完成度をより高めることになり、自分自身の成長にも繋がると考えています。

次のラウンドも精一杯頑張りますので。応援よろしくお願いします!

 

情報提供元 [ Webike Motosport ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る