ドゥカティ、Ducati Scramblerの未公開モデル2台を「Wheels and Waves」で発表

新鮮な2種類のニューグラフィックを公開!

ドゥカティは、南フランスのビアリッツで開催されるカスタムバイクの祭典「Wheels and Waves」(ホイール・アンド・ウェーブス)に、ドゥカティ スクランブラーの未公開モデル2台を出品、発表する。

このイベントで発表されるのは、新型ドゥカティ スクランブラー「Mach 2.0」(以下、マッハ2.0)と「フル・スロットル」。ともに新鮮な、新しいグラフィックだ。

低い位置に設置され、滑らかな曲線を描くテーパード・アルミハンドルバーを備えたマッハ2.0は、フラット・トラック・プロの専用シート、ブラック・エグゾースト&シリンダーヘッド・カバーに加え、カフェレーサー・スタイルのつや消しクーリング・フィンを装着。

マッハ2.0

有名なカリフォルニアのデザイナー、ローランド・サンズの手による新鮮なグラフィックは、Bell Cross Idolヘルメット(ドゥカティ スクランブラー2017アパレル・コレクション)からヒントを得たもので、1970年代の典型的なウェストコースト・スタイルを連想させるカラーが特徴。

このスクランブラーの名前は、1960年代のドゥカティ史に名を残すバイクに由来している。ドゥカティは、1965年にMach 1 250(マッハ1 250)を発売。当時既に発売されていたスクランブラー250と同じエンジンを搭載していた。マッハというネーミングは、スピードと動きの象徴として採用。超音速の測定単位だ。

フル・スロットル

また今回のイベントでは、新しいグラフィックを纏ったフル・スロットル・バージョンも発表される。

ドゥカティ スクランブラー・ラインナップ中、もっともスポーティなこのバイクは、「シャイニング・ブラック」のタンクとフロント・マッドガード、イエローのストライプに特徴的なブラックのチェッカーボード・パターンをあしらった新しいサイド・パネルを装着している。

以下プレスリリースより


この2台のバイクは、フォルクスワーゲン・カリフォルニア・オーシャンとフォルクスワーゲン・アマロックと共に、ボルゴ・パニガーレを出発し、6月12日にビアリッツに到着しました。

これらのフォルクスワーゲン・モデルは、現地で「Radio Ducati Scrambler」のライブ放送を行うためのモバイル・ラジオ局に改装されています。

「Wheels and Waves」に到着したアマロックは、このイベントの公式ラジオ局として活躍することになります。イベント期間中の6月18日までは、1日4回行われる「Wheels and Waves」ライブ放送を聴くことができます。

毎年開催されるこのイベントは、世界中のバイカーやサーファーを魅了しています。「Radio Ducati Scrambler」は、ドゥカティ スクランブラーの公式facebookページまたはウェブサイト(www.scramblerducati.com)で聴くことができます。

情報提供元 [ Ducati ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. STAR WARSオフィシャルの限定グラフィックモデル HJCヘルメットは、映画「ST…
  2. RED EAGLEとのコラボレーションで生まれた美しいシルエット オートバイ用品の企画・製…
  3. Webikeチームノリックヤマハは、チームスタッフが着用する新デザインのピットシャツを数量限…
  4. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
ページ上部へ戻る