【ZX-14R High Grade(2017) 試乗インプレ】モンスターマシンの性格は意外と優しい!?実はとても乗りやすい!

欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレポートをお送りする、【気になるバイクを徹底インプレ!】

【カワサキ ZX-14R】
ディテール&試乗インプレッション

Webikeバイク選びスタッフ】

撮影協力店:エムズファクトリー

今回の【気になるバイクを徹底インプレ!】はカワサキのZX-14R High Grade(2017)です!
その名の通り各所に豪華装備が散りばめられています。
果たしてそんなマシンを扱えるのか!?という不安半分、期待半分で試乗してまいりました!

※今回お借りした車両は一部カスタムされております。
カスタム箇所:スクリーン、ヘッドライトLED化、サイレンサー、キャリア装着

【ZX-14R:現行車種の詳細スペックはこちらから】
ZX-14Rのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

迫力満点!!とにかくその存在感は圧倒的!

登場から数年経ってもやはりこのマシンの存在感には圧倒されます。
車体の大きさや雰囲気は、まさに「メガスポーツ」と呼ぶに相応しいマシンです。
サイレンサーは2本出しになっており、迫力のあるリアビューを演出してくれます。

しかしそれ故に押し引きなどの取り回しには重さを感じます。ちょっと傾斜のある道を押すだけでもなかなか大変・・・。
万が一倒れてしまった時などの引き起こしには少し苦労しそうです。

また、ZZR1400に比べて鋭くなったヘッドライトは「戦闘機」を思わせる造形になっており、フロントマスクをより迫力あるものにしています。

ちなみに今回お借りした車両はヘッドライトをLEDに交換してあり、夜間はその存在感が更に際立ちます。

カウルもミラーも全ては最高速のために!

カウルデザインやミラーの形も全て走行中の空力が計算されており、最高峰モンスターバイクらしい作りになっています。
私は今回体感することはできませんでしたが、サーキットなどで高速走行すると恩恵を感じることができるそうです。オーナー曰く、「サーキットでミラーの見え方を確認したが、250kmでもはっきり後ろが見えた」との事です。恐ろしい・・・。

モードセレクトは全てハンドル周りで操作

スロットル側は至って普通のハンドルですが、クラッチ側にはスイッチがいくつか配置されています。
全て手元で操作ができるので走行中にも確認できるのが嬉しいですね。しかし、走行モードは停止中にしか切り替えることができません。
各ボタンと切り替え内容は、

・SELボタン→「走行モード切り替え(FULL1→2→3、LOW1→2→3)」
・上矢印ボタン→「瞬間/平均燃費、航続可能距離、電圧計、外気温」
・下矢印ボタン→「オド、トリップA/B、」

となっています。

モンスターの証!フルスケールメーター!

スピードメーターとタコメーターはアナログ表示で左右に配置、モードや燃費を表示するデジタルパネルは中央に配置されています。
時計、水温計、燃料系、ギアポジションは常時表示されますが、それ以外は前述の通り手元のスイッチにて切り替えるかたちになっています。
何と言っても300kmまで刻まれたフルスケールメーターはモンスターの証。所有感を一層増してくれます。
サーキットにでも行かない限りは使い切ることはありませんが・・・。

最高品質が採用されたブレーキ周り

ハイグレードモデルの特徴の一つとして、ブレンボ製のブレーキキャリパー、ディスク、ラジアルポンプ式マスターシリンダーが採用されています。
更にブレーキホースもステンメッシュが使われておりますので、ブレーキ性能に関しては文句なしです。私も試乗してブレーキ性能とそのタッチの柔らかさ、コントロール性に感動を覚えました。
「確実に減速できる」という安心感はあらゆる速度域で重要になってくるので嬉しい装備です。

リアサスもオーリンズ採用で快適な走行性能を実現

ハイグレードのもう一つの目玉として、オーリンズ製のリアサスペンションが採用されています。
通常時はもちろん、コーナリングや高速走行時にもその性能をしっかり感じることができ、常に快適にライディングを楽しむことができます。
また、プリロード調整には工具等を使わないので、いつでもどこでも走行シーンに合わせてセッティングする事ができます。
サスペンションとしての性能はもちろんですが、一番は「オーリンズ装着」という所有欲が大きいのではないでしょうか。
実に羨ましいです!

ロングツーリングも余裕でこなす座り心地の良いシート

シートはクッション性が高く非常に座り心地が良いです。防風性能の高いカウルと合わせて長距離のライディングでも疲労感がほとんどありません。また、タンデムシートも安定感があるので、ロングツーリングでも快適に乗車できそうです。
メガスポーツという立ち位置でありながら、ツアラーとしても最高性能を発揮してくれます。

アシストグリップ装着でセンタースタンドを掛ける際も安心

センタースタンドが装着されているので、チェーンメンテナンスや車両の長期保管の際などに嬉しい仕様になっています。
ですが、これだけ大きくて重たいバイクのセンタースタンドを上手くかけられるか不安な方も多いと思います。
そんな時に役立つのがアシストグリップです。ちょうどタンデムシートの下辺りに着いているのですが、これを掴みながら持ち上げるとかなり楽に作業する事ができました。
しっかり掴む場所があるのは安心で嬉しいですね。

シート下の収納スペースは無し

シートを外すと、車載工具を入れたBOXなどが入っています。
ですが、それ以外に小物等を入れるスペースはありませんので、収納に関しては別途パニアケースなどを装着するしかなさそうです。
ちなみにETC車載器を入れるスペースは用意されています。

跨ると意外と軽くて足つきも良い

押し引きすると重さを感じた車体ですが、いざ跨ってみると不思議と軽く思えます。
跨ったまま前後に動くのは流石に軽くは無いですが、左右に振ったりする動きは比較的クイックに動かせます。それだけで走行時の操作性に期待を覚えます。

さて、恒例の足つきチェックです。

身長:180cn

意外と足つきが悪くなかったので驚きました。恐る恐る乗車したのですが、その不安はすぐに無くなります。
また、ハンドル幅が広くて高めのセパレートハンドルは握りやすく、運転時の姿勢も自然な前傾姿勢になるのが楽に思えました。
身長が高めの人にはピッタリな車格かもしれません。

いつでもパワーを発揮できるので、余裕ある走りが楽しめる。

さて、実際に走行してモンスターマシンの性能を体感してみました。
普段は900ccのスポーツバイクに乗っている私ですが、初めての1400ccに少しドキドキしながら発進しました。
すると、意外とマイルドなことに驚きます。もちろんアクセルを開ければハイパワーを発揮して怒涛の加速を見せるのですが、低速で走ってギクシャクせずに余裕のある走りをしてくれます。主にFULL1モードで走行してましたが街乗りでも全く違和感ありません。
走行距離の関係で全モードをしっかり乗ることはできませんでしたが、FULLモードで普通に走れたので、LOWモードなどは更に街中で乗りやすいのと、雨天走行時に役立つはずです。

また、押し引きの際に感じた重さが、跨ると感じなくなったと前述しましたが、走行時も驚くほど重さを感じませんでした。
コーナリングの倒し込みや、車体の切り返しもかなり楽に行うことができ、ライディングが非常に面白く感じる乗り心地になっています。

注意点としては、自分の思っている以上に速度が出ていることを感じないので、いつの間にか速度が”出過ぎている”事に気をつけなければいけません。全開走行が楽しめるのはサーキットに限定されてしまうのが少し勿体無いですね。

ですが、シーンを選ばずどこでも楽しめるこのバイクは本当に魅力的だと思います。
大型バイクにステップアップを考えている方、快適にロングツーリングできるバイクを探している方にはオススメできます。
「これに乗ったら次に乗り換えるバイクが見つからない。」
そう思ってしまうくらいのバイクです。

【ZX-14R:現行車種の詳細スペックはこちらから】
ZX-14Rのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

撮影協力店:エムズファクトリー

記事協力 [ Webikeバイク選び ]

ウェビックバイク選び スタッフ

ウェビックバイク選び スタッフ

投稿者プロフィール

900ccスポーツバイクとカブを所有。好きなジャンルは90年代のSS。
ツーリングメインのライダーですが、たまにサーキットも走ってスポーツ走行も楽しんでます。
一般ライダーの視点で様々な車種の試乗インプレをお届けします!

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る