【新車】ヤマハ、2018年エンデューロモデルを発売 カラーリング&グラフィックを変更

ヤマハ発動機は、カラーリング&グラフィックを変更したクロスカントリーエンデューロ向けモデル「YZ450FX」「YZ250FX」「YZ250X」「YZ125X」4機種の2018年モデルを、8月30日より発売する。

ヤマハ競技用オフロードモデルのカラーリング&グラフィックコンセプトは”The Cool Blue Racer”。2018年モデルは、ホイールなど、コンポーネントの一部へもブルーを配し、ヤマハレーシングマシンとしての存在感を強調。またロゴを大きくあしらいトレンド感を表現。

なお、製品は「ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店」で、2017年6月13日から12月10日の期間限定で予約の受付を行い販売される。

以下、プレスリリースより

2018年 クロスカントリーエンデューロ向けモデル

■発売日
2017年8月30日

■名称/メーカー希望小売価格

「YZ450FX」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
950,400円(本体価格880,000円/消費税70,400円)

「YZ250FX」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
810,000円(本体価格750,000円/消費税60,000円)

「YZ250X」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
734,400円(本体価格680,000円/消費税54,400円

「YZ125X」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
626,400円(本体価格580,000円/消費税46,400円)

■販売計画
500台(シリーズ合計/国内)

YZ450FX


【YZ450FX:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

YZ250FX


【YZ250FX:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

YZ250X


【YZ250X:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

YZ125X


【YZ125X:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

※YZシリーズ各モデルは、国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます。
※保証(クレーム)の対象外製品となります。

【関連ニュース】
◆【新車】後方排気「YZ450F」は大幅進化!ヤマハ、モトクロッサー6機種の2018年モデルを発売
◆【新車】ヤマハ、キッズ向けの「PW50」2018年モデルを発売 上級モデルと同じカラーデザインを採用

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る