[MXGP]Rd.10 Kawasakiのデサールが3位-1位と両ヒートで表彰台を獲得!

KTM Photo by Ray Archer

C・デサールが両ヒートとも安定の走りを披露

モトクロス世界選手権が黒海近く、ロシアのオリョーノクで開催された。全体で19戦あるMXGPは、今大会で第10戦目となり半ばにさしかかった。

ロシアGPの決勝は激しい雨に見舞われ、前日の予選での乾燥した粘土質の路面状態とは対照的なコンディション。コースの状況は大幅に悪化し、ラップタイムで35秒もの差が出るほどだった。

土曜日の予選レースにおける最速ラップタイムはA・カイローリ(KTM)が記録した1分40秒127だったが、決勝当日の第2ヒートの最速タイムは、YamahaのR・フェーブルがマークした2分13秒616だった。

第1ヒートではKTMの2人が強さを見せつける走りを披露。ハーリングスとカイローリが1-2フィニッシュを果たした。しかしKawasakiのデサールも安定しており、3位表彰台を獲得。総合ランキング上位陣が表彰台を独占した。

第2ヒートではKawasakiのデサールが本領を発揮。第1ヒートで上手くいかなかったスタート時の戦略を変更したことで、最高のスタートを切ることに成功。

マディコンディションの中、KTMのランキング上位陣が苦戦している状況を尻目に、最後まで集中力を保ち見事優勝。両ヒートで表彰台に立った。

デサールは今大会で、ライダースランキングでも2位へ浮上。1位のカイローリに一気に近づき、チャンピオンシップ争いに大きなアドバンテージを得た。

フェーブルが第2ヒートで2位表彰台を獲得

第1ヒートで4位を走行中、クラッシュを起こして10位に甘んじたYamahaのフェーブルは、第2レースではホールショットを奪い、ゴール2周前までレースをリード。

しかしその後、ハーリングスと接触しクラッシュ。遅れをとったが2位でフィニッシュすることに成功した。

Gallery

RESULT Race.1

1 J・ハーリングス KTM NED 35:07.381 16laps
2 A・カイローリ KTM ITA 0:19.520
3 C・ドゥサル Kawasaki BEL 0:24.095
4 M・アンスティ Husqvarna GBR 0:35.592
5 G・ポラン Husqvarna FRA 0:48.462
6 A・ルピーノ Honda ITA 0:57.494
7 A・ジャシコニス Suzuki LTU 0:58.944
8 M・ナグル Husqvarna GER 0:59.378
9 A・トヌス Yamaha SUI 1:00.574
10 R・フェーブル Yamaha FRA 1:10.577
11 E・ミハイロフ Husqvarna RUS 2:16.189
12 G・コルデンホフ KTM NED 1lap
13 E・ボブリシェブ Honda RUS 1lap
14 K・デ・ディッカー Honda BEL 1lap
15 R・ゴンサルブス Husqvarna POR 1lap
16 J・ロマンチク KTM CZE 2laps
17 D・グローラス Honda BEL 2laps
18 V・ゴロフキン KTM RUS 3laps
19 V・レオーノフ KTM RUS 3laps
20 T・レオク Husqvarna EST 3laps

RESULT Race.2

1 C・ドゥサル Kawasaki BEL 35:15.906 15laps
2 R・フェーブル Yamaha FRA 0:14.954
3 G・ポラン Husqvarna FRA 1:19.867
4 A・トヌス Yamaha SUI 1:32.476
5 M・アンスティ Husqvarna GBR 1:44.577
6 G・コルデンホフ KTM NED 2:10.809
7 A・ジャシコニス Suzuki LTU 2:15.047
8 J・ハーリングス KTM NED 2:27.387
9 A・カイローリ KTM ITA 1lap
10 E・ボブリシェブ Honda RUS 1lap
11 M・ナグル Husqvarna GER 1lap
12 K・デ・ディッカー Honda BEL 1lap
13 T・レオク Husqvarna EST 1lap
14 A・ルピーノ Honda ITA 2laps
15 J・A・ブートロン KTM ESP 2laps
16 J・ロマンチク KTM CZE 2laps
17 R・ゴンサルブス Husqvarna POR 3laps
18 V・ゴロフキン KTM RUS 4laps
19 V・レオーノフ KTM RUS 7laps
20 D・グローラス Honda BEL 11laps

RIDERS RANKING(上位7名)

1 A・カイローリ KTM 381
2 C・ドゥサル Kawasaki 334
3 G・ポラン Husqvarna 333
4 J・ハーリングス KTM 291
5 T・ガイザー Honda 261
6 J・ファン・フォルベーク Yamaha 261
7 R・フェーブル Yamaha 242

関連記事

編集部おすすめ

  1. GROMグロムにヨシムラのマフラーで『I’ve Got The Power!』 201…
  2. キムコは、画期的なEVスクーター「New Many 110 EV」と「Nice 100 EV…
  3. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  4. 2018年6月6日、ボッシュ・グループ年次記者会見がボッシュ株式会社の渋谷本社で行われた。同…
ページ上部へ戻る