[MFJ]JRR Rd.4 JSB1000 野左根航太が最高峰クラス4年目にして初勝利!

■大会名称:2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2017年6月11日(日)
■会場:ツインリンクもてぎ(4.801km)
■観客:7,200人
■周回数:23周
■天候:晴れ
■コース:ドライ
■PP:中須賀克行(1分37秒287/Yamaha)
■FL:野左根航汰(1分49秒108/Yamaha)

中須賀はトップ独走中の最終ラップに他車に接触され転倒

ポールポジションの中須賀克行が好スタートを切って始まったJSB1000クラスの決勝レース。2番手にはこちらも絶妙なダッシュを見せて予選4番手からポジションアップした清成龍一、高橋巧、野左根航太と続く。

中須賀と清成が抜け出してオープニングラップを終了するが、高橋巧は野左根、津田拓也にもかわされて5位までポジションダウンしてしまう。後方での争いを他所に、中須賀は清成をも突き放すペースで一人トップをひた走る。

野左根は序盤に清成をかわして2位に浮上。高橋巧も再びポジションを上げ、5周目には3番手に浮上すると49秒台のペースで野左根、そしてその前の中須賀を追う展開。

中須賀は終始49秒台のペースで周回を続けるが、野左根は時にそれを上回るペースで中須賀との差を縮めてくる。しかし、その差が1秒を切ってくると、中須賀もペースを上げて、再び野左根以下を引き離す走りを見せる。高橋巧も49秒台で追うが、中須賀はペースを緩めない。

23周の長いレースも中盤に入ると周回遅れも発生してくるが、トップと2番手との差はじわじわと開いていく。

そのような状態で迎えた最終ラップ、あといくつかのコーナーを抜ければチェッカーというV字コーナー立ち上がりで、中須賀と他車とが接触してまさかの転倒。その間に野左根が走り抜け真っ先にチェッカーを受けて初優勝、続けて高橋巧、津田とフィニッシュした。中須賀はコースに復帰し、9番手でゴールしている。

Gallery

JSB1000 “After The Race” Interview

RESULT

1 野左根 航汰 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha 42’11.366:23 Laps
2 高橋 巧 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda Honda +5.340
3 津田 拓也 ヨシムラスズキMOTUL Suzuki +22.765
4 渡辺 一馬 Kawasaki Team GREEN Kawasaki +29.230
5 山口 辰也 Honda Dream Racing Honda +31.129
6 藤田 拓哉 YAMALUBE RACING TEAM Yamaha +32.371
7 高橋 裕紀 MORIWAKI MOTUL RACING Honda +33.050
8 清成 龍一 MORIWAKI MOTUL RACING Honda +37.047
9 中須賀克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha +40.068
10 浦本 修充 Team KAGAYAMA Suzuki +50.832
11 濱原 颯道 ヨシムラスズキMOTUL Suzuki +55.888
12 伊藤 真一 TEAM SuP Dream Honda Honda +57.938
13 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki +58.764
14 近藤 湧也 GBSレーシング YAMAHA Yamaha +1’17.653
15 日浦 大治朗 Honda 鈴鹿レーシングチーム Honda +1’17.841
16 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha +1’18.975
17 津田 一磨 Titanium Power HOOTERS Racing Yamaha +1’23.960
18 上和田 拓海 Webike チームノリックヤマハ Yamaha +1’32.589
19 松崎 克哉 Kawasaki Team GREEN Kawasaki +1’39.992
20 岡村 光矩 KRP三陽工業&RS-ITOH Kawasaki +1’44.982

RIDERS RANKING

1 高橋 巧 Honda 92
2 渡辺 一馬 Kawasaki 74
3 津田 拓也 Suzuki 73
4 藤田 拓哉 Yamaha 71
5 濱原 颯道 Suzuki 63
6 野左根 航汰 Yamaha 57
7 近藤 湧也 Yamaha 48

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る