[MotoGP]Rd.7 ドヴィツィオーゾが自身初の2連勝を達成!Honda勢は今季3度目のダブル表彰台

■大会名称:第7戦カタルニアGP
■開催日:2017年6月11日(日)決勝結果
■開催地:カタルニア/スペイン(4.655km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:33度
■路面温度:54度
■PP:D・ペドロサ(1分43秒870/ホンダ)
■PP:J・フォルガー(1分43秒870/ヤマハ)

ドヴィツィオーゾが1位、ロレンソが4位。Ducatiが中盤戦で猛攻

第7戦カタルニアGPは、最高気温が33度まで上昇。レースウィークで最も暑く、ライダーにもタイヤにも厳しい一日となった。

その中で、好調を維持したのがDucatiのドヴィツィオーゾ。3列目からスタートに成功し、8周目には2位に浮上。17周目には前を走るHondaのペドロサを抜き去り、そのままトップでフィニッシュ。前大会に続き、自身初のMotoGPクラス2連勝を達成した。

チームメイトのロレンソも予選から好調。決勝レースでは2番手からスタートし、あっという間にトップポジションへ。本来のパフォーマンスを発揮した。

その後は6周目からペースが落ち、ドヴィツィオーゾやHonda勢にかわされ一時は8位にまで後退したが、じわじわと後半に順位を上げていき、4位でフィニッシュ。惜しくも表彰台には届かなかったが、Ducati移籍後のなかではポジティブな結果を残した。

Repsol Honda Teamが今季3度目のダブル表彰台

4番グリッドから決勝に挑んだマルケスは、2列目から好スタートを切ると、オープニングラップで2番手に浮上。8周目にはポールポジションスタートのチームメイト、ペドロサとドヴィツィオーゾに抜かれて3番手へ。

しばらくはこの3台がトップグループを形成していたが、18周目、マルケスは再び2番手に浮上。そこから前を走るドヴィツィオーゾを追いかけ、最後までプッシュをかけるも捕えきれずそのまま2位でフィニッシュ。3戦ぶりの表彰台を獲得した。

ペドロサはレース中盤にトップを快走したが、終盤はペースをキープできず、3位でフィニッシュ。地元ファンの前でマルケスとともに表彰台に立つことに成功した。Repsol Honda Teamは、今季3度目のダブル表彰台となる。

Yamaha勢は苦戦。ロッシ8位、ビニャーレス10位でポイントを獲得

予選から苦戦していたロッシは13番手スタート。熟練の走りを見せ、7周目には8位に浮上するも、突然タイヤ・グリップが落ち、6番手争いから離脱。最終的には、トップから20.821秒差の8位でチェッカーを受けた。

ランキングトップを走るビニャーレスもグリップ不足に苦しむレース展開。グリッド9番手から慎重にスタートし、16番手を確保。タイヤの感触がつかめるようになってからアタックを開始した。

しかし猛追撃するほどには調子を上げることはできず、リタイアするライダーとの兼ね合いもあり、最後は10位でチェッカーを受けた。

ライダースランキングでもHonda勢が浮上

ロッシは8ポイントを加算したものの、合計83ポイントでランキング5位へ。マルケスが3位、ペドロサが4位となり、Honda勢2人にかわされる形となった。

ビニャーレスは111ポイントでランキングトップをキープ。2位のドヴィツィオーゾとの差は7ポイントとなった。

Gallery

RESULT

1 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ 44’41.518
2 93 マルク・マルケス Honda +3.544
3 26 ダニ・ペドロサ Honda +6.774
4 99 J.ロレンソ ドゥカティ +9.608
5 5 J.ザルコ ヤマハ +13.838
6 94 J.フォルガー ヤマハ +13.921
7 19 A.バウティスタ ドゥカティ +16.763
8 46 V.ロッシ ヤマハ +20.821
9 8 H.バルベラ ドゥカティ +23.952
10 25 M.ビニャーレス ヤマハ +24.189
11 35 カル・クラッチロー Honda +28.329
12 76 L.バズ ドゥカティ +33.281
13 45 S.レディング ドゥカティ +35.200
14 17 K.アブラハム ドゥカティ +39.436
15 53 ティト・ラバト Honda +40.872
16 29 A.イアンノーネ スズキ +43.221
17 50 S.ギュントーリ スズキ +44.655
18 44 P.エスパルガロ KTM +48.993
19 22 S.ロース アプリリア +55.492
RT 9 D.ペトルッチ ドゥカティ +2Laps
RT 43 ジャック・ミラー Honda +12Laps
RT 41 A.エスパルガロ アプリリア +18Laps

RIDERS RANKING

1 25 M.ビニャーレス ヤマハ 111
2 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ 104
3 93 マルク・マルケス Honda 88
4 26 ダニ・ペドロサ Honda 84
5 46 V.ロッシ ヤマハ 83
6 5 J.ザルコ ヤマハ 75
7 99 J.ロレンソ ドゥカティ 59
8 94 J.フォルガー ヤマハ 51
9 35 カル・クラッチロー Honda 45
10 9 D.ペトルッチ ドゥカティ 42
11 19 A.バウティスタ ドゥカティ 34
12 45 S.レディング ドゥカティ 33
13 43 ジャック・ミラー Honda 30
14 76 L.バズ ドゥカティ 23
15 29 A.イアンノーネ スズキ 21
16 8 H.バルベラ ドゥカティ 21
17 53 ティト・ラバト Honda 19
18 41 A.エスパルガロ アプリリア 17
19 17 K.アブラハム ドゥカティ 11
20 51 M.ピロ ドゥカティ 7
21 42 A.リンス スズキ 7
22 44 P.エスパルガロ KTM 6
23 38 B.スミス KTM 6
24 22 S.ロース アプリリア 2
25 50 S.ギュントーリ スズキ 1
26 12 津田拓也 スズキ 0

CONSTRUCTORS RANKING

1 ヤマハ 139
2 Honda 125
3 ドゥカティ 122
4 スズキ 28
5 アプリリア 19
6 KTM 8

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る