【新製品】YSS、新型CBR250RR用「MONO LINE リアシングルショック MG366」を発売

サスペンションブランド「YSS」から、’17年式 HONDA CBR250RR用「MONO LINE リアシングルショック MG366」が発売された。

機能美と高性能を追求し、無機質なルックスのAll-Billetボディにフルアジャスタブル機構を装備したレーシングスペックのトップエンドモデル。
ストリートからレーシングユースまで対応するミドルボディだ。
価格は88,000円(税別)

【Webikeショッピング】
MONO LINE リアシングルショック 【MGシリーズ】 MG366 商品ページ

Mono Line リアシングルショック 【MGシリーズ】 MG366 CBR250RR専用モデル

価格:88,000円(税別)

【366ボディー】
・ピストン径:Φ36mm
・スピンドルロッドΦ16mm
・マウント:ベアリングマウント
【機能】
・圧側減衰力高速20段階調整
・圧側減衰力低速速20段階調整
・スプリングプリロード:無段階調整
・車高調整:無段階(最大+10mm)
・伸び側減衰力:60段階調整

主な特徴

大容量リザーブタンク
放熱性に優れる外部式リザーブタンクを採用。
タンクの素材はアルミ削りだしとし、美しい見た目と共に機能性を備えました。

コンプレッション 減衰力調整機能(縮み)
ダンピング時の縮む速度を高速と低速の2段階に調整できる2スピードコンプレッションを搭載し、それぞれ20段階と幅広く調整可能。

リバウンド 減衰力調整機能(伸び)
ダンピング時の「伸び」の速さをコントロールする減衰力調整機能を搭載し、調整範囲は60段と幅広い調整が可能です。

スプリングプリロード 調整機能
シンプルなデザインのシングルナットと側面のロックボルトによる緩み止めを装備。

車高調整機能
走行環境に応じて自由長を調整出来る車高調整機能を搭載しています。
調整幅は最大+10mm。

ベアリングマウント 標準装備
ハウジング摺動面にオイルレスメタルを採用した最高級のロッドエンドベアリングを標準装備しています。

【Webikeショッピング】
MONO LINE リアシングルショック 【MGシリーズ】 MG366 商品ページ

→全文を読む

情報提供元 [ YSSサスペンション ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  2. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  3. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  4. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
ページ上部へ戻る