【KTM】2018モデルのエンデューロシリーズを発表 2ストロークモデルがインジェクション化!

モトクロスモデル、エンデューロモデル、フリーライドと多岐に渡るラインナップが自慢のKTMオフロードモデル。最新となる2018年モデルのモトクロッサーが発表され、次いでエンデューロモデルが発表されている。
特に注目すべきはエンデューロでいまだ進化を続けるKTMの2ストロークモデルが、インジェクション化された事だろう。

2ストローク機構は環境問題などを背景にオートバイエンジンのメインストリームから離れて久しいが、こと競技車両としてはモトクロッサーやエンデュ―ロマシン、そしてトライアルマシンとして各メーカーで開発が続けられてきた。
軽量なエンジン重量にトルクフルな特性、メンテナンスのしやすさなどを武器にいまだ支持されている。

今回KTMが2018年のエンデューロモデルにのみインジェクションを採用したのは、大きな驚きをもって迎えられている。
過去オートバイ用としては、実験的な一部市販車、レースの現場や研究段階では実際に制作されてきた2ストローク+インジェクション。身近に手に入る競技用モデルに採用されたことで今後の技術革新にも注目が集まる。

【関連ニュース】
◆【新車】KTM、2018年モデルのモトクロッサーを発表

2017年時点でのエンデューロモデルのモデルチェンジ

昨年発表された2017年モデルでは、フレームやスイングアーム、前後サスペンションを変更し、軽量化を図るとともに、ほぼすべてのモデルにおいて、モデルチェンジが遂行された。
4ストロークモデルは、新基準となるEURO4に適合させ、名称末尾に「F」が入り判別が容易に。軽量化とマスの集中化が図られている。

▲350 EXC-F

2ストロークモデルにおいては、ハードなコースを走るエンデューロから比較的広い自然の地形を走るクロスカントリースタイルにもトレンドが移ってきていることを受け、200EXCをラインナップからなくし、ワイドなギアレシオとセルスターターを搭載した新世代マシンとして、150XC-Wをリリース。また、125EXCは125XC-Wへと進化したモデルとなっている。

【関連ニュース】
◆【新車】KTM、READY TO RACEな進化を遂げた2017年オフロードモデルを発表

フューエルインジェクションを備えた2ストロークの登場

▲250/300 EXC TPI

2018年は従来の「EXC-F(4ストローク)」、「EXC(2ストローク)」、特別仕様となる装備を充実させたグレード版「SIX DAYS」に加え、新基準となるEURO4に適合した、フューエルインジェクション 2ストローク仕様の「300 EXC TPI」「250 EXC TPI」を発表。

シリーズ全体の車体デザインは、従来のKTMのイメージカラーであるオレンジを前面に打ち出し、グラフィックを変更。
「SIX DAYS」においては、ブルーカラーを車体色の一部に取り入れるなど、新たな印象を与えている。

革新の「TPI」(Transfer Port Injection)

300と250モデルにのみ搭載されるインジェクション機構「TPI」はTransfer Port Injectionと呼ばれ、エンジンの掃気ポートにインジェクターを設置したものとなっている。

2ストロークエンジンの工程は、吸気ポートから導かれた混合気がクランクケース内に溜まっており、燃焼したガスが排気ポートから逃げると同時に、下降したピストンによってクランクケースから押し出された混合器が掃気ポートを経由して燃焼室に入り込むという工程を経ている。※エンジンの形式によって異なる場合がある

今回のインジェクターはその掃気ポートに設けられており、エンジンシリンダーの左右に刺さっているものがそれに当たる。
エンジンオイルは分離給油となっており、フレーム内をオイルタンクとして活用。スロットルボディにて吸気ポートからミックスされるようになっている。

▲搭載されるスロットルボディ

エンジンを管理するのは4サイクルのFIシステムと同様の「EMS」で最適な燃料噴射と点火時期を調整。オプションでマップセレクトスイッチも準備されているという。
インジェクション化によって、燃費の向上、高度補正の自動化、オイル消費量の削減と排気のスモーク低減が図られる。

車体にはリチウムイオンバッテリーが搭載され、セルスターターを備えるため、イージーなエンジン始動が可能だ。

日本での発売日、価格などは未定だが、例年8月ごろに発表されるため、期待をこめて注目していきたい。

500 EXC-F

【500 EXC-F】

【500 EXC-F SIX DAYS】

400 EXC-F

【450 EXC-F】

【450 EXC-F SIX DAYS】

350 EXC-F

【350 EXC-F】

【350 EXC-F SIX DAYS】

250 EXC-F

【250 EXC-F】

【250 EXC-F SIX DAYS】

300 EXC TPI

【300 EXC TPI】

【300 EXC TPI SIX DAYS】】

250 EXC TPI

【250 EXC TPI】

【250 EXC TPI SIX DAYS】

150 XC-W

125 XC-W

→全文を読む

情報提供元 [ KTM ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る