「MT-03」が兄貴たちと同じカラーリングを纏う!2018年モデルが海外で発表

ヤマハ・モーター・ヨーロッパは、「大都会のチーター」をコンセプトに開発された「MTシリーズ」のライトウェイトモデル「MT-03」において、カラーリングを変更し、2018年モデルとして発売することを発表した。

新しく設定されたカラーは、Night Fluo、Yamaha Blue、Midnight Blackの三色。特に、MT-09、MT-07などのカラーリングを踏襲したカラーデザインが採用されており、ヨーロッパで展開するMTシリーズの「Darkness」な印象がさらに強くなっている。

欧州での販売開始は2017年8月ごろを予定しており、日本での発売は未定。
現在の国内ラインナップでは、まだ平成28年度規制対応版のアナウンスはされていない。日本国内でも平成28年度規制をパスした新カラーの発売を期待したい。

【関連ニュース】
◆9月の生産終了が迫る!バイクの「平成28年排出ガス規制」で多くのモデルが岐路に

2018年欧州向けモデル「MT-03」

”MTシリーズ”共通のシャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りで人気を博しているモデル。2018年はカラーリングをよりグラフィカルな印象へと変更。排ガス規制もEURO4に対応している。

■名称
MT-03

■発売日
2017年8月 欧州

■カラー
・Night Fluo
・Yamaha Blue
・Midnight Black

▲Night Fluo

▲Yamaha Blue

▲Midnight Black

主要仕様諸元(抜粋)

全長×全幅×全高 2,090mm×745mm×1,035mm
軸間距離 1,380mm
シート高 780mm
最低地上高 160mm
車両重量 165kg


情報提供元 [ YAMAHA EU ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る