【Vストローム650XT試乗インプレ】タフでワイルドなアドベンチャーツアラー

欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレポートをお送りする、【気になるバイクを徹底インプレ!】

【スズキ Vストローム650XT】
ディテール&試乗インプレッション

Webikeバイク選びスタッフ】

車両協力:モトフィールドドッカーズ東京本店

今回の【気になるバイクを徹底インプレ!】はスズキのVストローム650XT。
日本の道路に合うミッドサイズのアドベンチャーツアラーとして人気のVストローム650シリーズですが、果たして本当に旅の相棒として頼れる車両なのか。
日頃250オフロード車でダートを含む各地を長距離ツーリングしているスタッフが、ミッドサイズアドベンチャーならもっと遠くへ楽に行ける?という視点でインプレッションします。

【Vストローム650XTの詳細スペックはこちらから】 Vストローム650XTのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

アドベンチャーモデルらしいワイルドさ

まずは車両全体のデザインの印象から。
ロードツアラー感のあるVストローム650を、スポークホイール化したのがこのVストローム650XT。
クチバシのようなデザインをプラスして、アドベンチャーらしいワイルドさも醸し出している。
排気量から想定するイメージ以上の重厚感のあるスタイリングは、欧州メーカーのリッター級アドベンチャーバイクに負けない存在感があって、とても頼もしく見える。



フロント19インチ・リヤ17インチのタイヤサイズはアドベンチャーバイクとして標準的なもので、オンロードでもオフロード寄りでもタイヤ選択には困らなさそうだ。
ただ日本仕様モデルの場合はエンジンが樹脂製カバーで覆われているので、Vツインエンジンの存在感と造形美が少々スポイルされているのが残念。

大型のウィンドスクリーンを装備



長距離ライドを想定した大型スクリーンは三段階に調整が可能。
凡その体格のライダーならこのスクリーンの内側におさまることで、長距離ツーリングの疲れから身を守ることができるでしょう。
防風装備が充実しているのがこのクラスのアドベンチャーバイクの特徴の一つでもあり、高速で長距離を走る事を念頭に置いていることがわかります。

積載性は最強クラス!大型キャリアも標準装備



これだけの積載性とその拡張性に富む車両も他になかなかないのでは、と思うほどに可能性に満ちたスペースがあります。
シートバッグやパニアケースなどでいかようにも拡充可能で、キャンプツーリングの大荷物や帰路のお土産の積載にも困る事はないのでは。
高速道路でどデカい荷物をつけて突き進むアドベンチャーバイクを見かけると、やはりその積載性は羨ましくなります。

大容量でもスリムにえぐったタンク



タンクは20Lの容量があり、航続距離は500km超える(カタログ数値)。
また膝がくる部分は深くえぐったデザインで足着き性にも考慮した工夫がされている。
キャップの開閉は一般的なキーを挿して行う方式。

シートは座面が広くフカフカ!ただし足着き性は・・・


走り出して座ってしまえば至極快適なシート。座年も広く前後にも大きいため長距離ライディングでお尻が痛くなることを防いでくれそう。


シート高は835mmで、さすがにどんな体格の人でもおすすめできるような数値ではない。
実際にスタッフの試乗でも両足ではつま先がほんの僅かしか届かず、片足をステップに乗せてお尻をずらすことでようやく安心できる程度にまで足を着けることができた。
(試乗したスタッフは167cm・85kg・足短め)
214kgという車重からも、グラっときた時には少々不安になる。大柄の男性なら問題無い数値だろうが身長170cm以下のライダーはローダウン化など何か工夫が必要かも知れません。

ヘッドライトは二眼の特徴的なデザイン


ヘッドライトはハロゲン二眼タイプ。
光量は十分以上だが、夜中の山間部の走行などの場合はオプション装備としてフォグランプなどを追加したほうがより安全に走れる。

メーターは視認性の高いデジタル&アナログで外気温計も装備!


一般的な速度、回転数、走行距離、トリップの他に燃費計、ギアインジケーター、外気温、路面状況など多機能なもの。
それらの機能はメーターはハンドルにあるスイッチで操作/切替が可能。

走りの印象は、どこまでも走れそうな快適さとマイルドな車体

実際にVストロームに乗って舗装路面を試乗してみました(今回はダートでの試乗は無し)。
50kmほどの試乗をしての印象は「なんて快適な乗り心地と防風性なんだろう」というものでした。
たしかにいつもの250ccオフロード車よりは格段に重い車重ですが、それも走りだしてしまえば高速での安定性につながっていて、アドベンチャーバイクの走り味と意義をしっかりと堪能できました。


とてもマイルドなエンジンで低速からの粘りもすごいです。
エンストさせてしまう恐怖感が大きな車両の低速走行時にはつきものですが、ハンドル切れ角が大きいこともあってUターンも怖くなくできました。
リアブレーキのタッチが秀逸で操作性に富むのも安心感あり!
アドベンチャーバイクが、大柄なのにこんなにも優しいバイクだったとは驚きでした。
そして以外にも燃費が良かったことも印象に残ったポイント。
市街地を含む50km程の走行では28km/l(メーター表示での計算)というこのクラスにしては優秀な燃費を記録しました。
私の250ccオフロード車と比べて一番羨ましく思う性能が、この長い航続距離でした。

まとめ


欧州のビッグアドベンチャーでは持て余してしまうような日本の道路にも、ぴったりくるのがこのVストローム650XT。
250ccオフロード車では行けないような距離をあっという間に、それも快適に走れるのがこのクラスのアドベンチャーバイクの良さだと気づきました
特にこのVストローム650XTは、大きな荷物を積んで遠くまで走り途中にダートがあっても躊躇なく進んでいける万能で頼りになる旅の相棒である、そんな印象を受けました。

車両協力:モトフィールドドッカーズ東京本店

【Vストローム650XTの詳細スペックはこちらから】 Vストローム650XTのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

記事協力 [ Webikeバイク選び ]

ウェビックバイク選び スタッフ

ウェビックバイク選び スタッフ

投稿者プロフィール

900ccスポーツバイクとカブを所有。好きなジャンルは90年代のSS。
ツーリングメインのライダーですが、たまにサーキットも走ってスポーツ走行も楽しんでます。
一般ライダーの視点で様々な車種の試乗インプレをお届けします!

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る