【新車】ホンダ、2018年型オフロードモデル「CRF450R/CRF450RX/CRF150R/CRF150RII」を受注期間限定で発売

※記事内写真には海外仕様車が含まれています

世界各地のオフロードレースで活躍する、2018年モデルが登場

Hondaは、先に海外で発表されていたモトクロス競技専用車「CRF450R/CRF150R/CRF150RII」とエンデューロ競技専用車「CRF450RX」の2018年型モデルを7月18日(火)より受注期間限定で国内発売する。

【関連ニュース】
【新車】海外Hondaから、早くも「CRF450R」と「CRF450RX」2018年モデルが発表!

CRF450Rには、レース中の不意なエンジンストール時に素早いエンジン再始動を可能とするセルフスターターを標準装備。これに伴い、CRF450R・CRF450RXともにキックスターター機構が廃止された。

また、モトクロス世界選手権やAMAスーパークロスで検証を重ねた、軽量コンパクトなエリーパワー製リチウムイオンバッテリーを採用。加えて、点火時期や燃料噴射量の特性を変更することで、力強い加速性能と扱いやすさの熟成が図られた。

CRF150RとCRF150RIIは、クラス唯一の150cc 4ストロークエンジンと、コンパクトで扱いやすい車体はそのままに、最新CRFシリーズと共通のグラフィックがタンクシュラウドに採用された。

なお受注期間は450の2機種が2017年7月18日(火)から9月29日(金)まで、150の2機種が2017年6月9日(金)から9月30日(土)までとなっている。
※CRF150Rの受注期間が6月12日訂正されました。

CRF450R

メーカー希望小売価格:966,600円(消費税抜き本体価格 895,000円)

ディメンションは、トラクションアップを目指しリアタイヤへの体重を乗せやすく、さらに軽快感を出すためにホイールベースを短縮。また、安定感を出すために重心高を低くしフロントの浮き上がりを抑制している。

CRF450Rの主な変更点

■エンジン/電装
・レース中の不意なエンジンストール時に素早いエンジン再始動を可能とするセルフスターターを標準装備するとともに、キックスターター機構を廃止。
・エリーパワー製のリチウムイオンバッテリーを採用し、軽量化を実現。

■サスペンション
・前後サスペンションのバネレートを最適化して、ギャップ通過時の走破性とジャンプ着地時の安定性を向上。

CRF450RX

メーカー希望小売価格:982,800円(消費税抜き本体価格 910,000円)

ディメンションは、トラクションアップを目指しリアタイヤへの体重を乗せやすく、さらに軽快感を出すためにホイールベースを短縮。また、安定感を出すために重心高を低くしフロントの浮き上がりを抑制している。

CRF450RXの主な変更点

■エンジン/電装
・キックスターター機構を廃止。
・エリーパワー製のリチウムイオンバッテリーを採用し、軽量化を実現。

CRF150R

メーカー希望小売価格:493,560円(消費税抜き本体価格 457,000円)

CRF150RII

メーカー希望小売価格:510,840円(消費税抜き本体価格 473,000円)

CRF150R/CRF150RIIの主な変更点

■カラーリング
・最新CRFシリーズと共通のグラフィックをタンクシュラウドに採用。

■車体
・スイングアームの剛性を見直し、走行時の安定性を向上。

販売計画台数(国内・年間)

■CRF450Rシリーズ合計:80台
■CRF150Rシリーズ合計:100台

注意点

・価格にはリサイクル費用を含む。
・このCRF450R、CRF450RX、CRF150R、CRF150RIIは、公道および一般交通の用に供する場所では一切走行ができない。また、登録してナンバープレートを取得することもできない。
・私道や林道、河原、海辺などの公共の道路以外の場所でも、人や車が自由に出入りできるところは道路とみなされ、道路交通法および道路運送車両法の違反となる。

「CRF450R/CRF450RX」主要諸元

通称名 CRF450R CRF450RX
車名・型式 ホンダ・PE07
全長×全幅×全高 (mm) 2,183×827×1,274 2,175×827×1,274
軸距 (mm) 1,482 1,477
最低地上高 (mm) 328
シート高 (mm) 960 959
車両重量 (kg) 113 117
エンジン種類 水冷 4ストローク OHC 4バルブ 単気筒
総排気量 (cm3) 449.7
内径×行程 (mm) 96.0×62.1
圧縮比 13.5
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置PGM-FI(スロットルボアΦ46mm)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 DC-CDI
燃料タンク容量 (L) 6.3 8.5
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1 速 2.133
2 速 1.706
3 速 1.421
4 速 1.211
5 速 1.043
減速比 (1次/2次) 2.357/3.769 2.357/3.846
 キャスター角 (度) 27°22′ 27°26′
トレール量 (mm) 116
タイヤ 80/100-21 51M 90/90-21 54M
120/80-19 63M 120/90-18 65M
ブレーキ型式 前後 油圧式ディスク
懸架装置 テレスコピック式(倒立サスペンション)
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム型式 アルミツインチューブ

(Honda測定値)
※製造事業者/本田技研工業株式会社 熊本製作所

「CRF150R/CRF150RII」主要諸元

通称名 CRF150R CRF150RII
車名・型式 ホンダ・KE03
全長×全幅×全高 (mm) 1,832×770×1,133 1,900×770×1,171
軸距 (mm) 1,260 1,285
最低地上高 (mm) 301 336
シート高 (mm) 832 866
車両重量 (kg) 82.9 84.9
エンジン種類 水冷 4ストローク OHC 4バルブ 単気筒
総排気量(cm3) 149.7
内径×行程 (mm) 66.0×43.7
圧縮比 11.7
燃料供給装置形式 FCR15C(キャブレターメインボアΦ32mm)
始動方式 プライマリーキック式
点火装置形式 電子進角CDIデジタル点火
燃料タンク容量 (L) 4.3
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1 速 2.214
2 速 1.647
3 速 1.318
4 速 1.105
5 速 0.956
減速比 (1次/2次) 4.117/3.333 4.117/3.733
 キャスター角 (度) 27°2′ 27°48′
トレール量 (mm) 78 96
タイヤ 70/100-17 40M 70/100-19 42M
90/100-14 49M 90/100-16 52M
ブレーキ型式 前後 油圧式ディスク
懸架装置 テレスコピック式(倒立サスペンション)
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム型式 セミダブルクレードル

(Honda測定値)
※製造事業者/本田技研工業株式会社 熊本製作所

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

ページ上部へ戻る