【新車】ベスパ、エントリーグレード「LX」を国内再販売 新型「ベスパ LX i-GET 125」を発表

ピアッジオグループジャパンは、もともとは2006年に発売され、かつて国内でも長年人気を博したエントリーグレード「LX」に最新の環境適応「i-GET(アイゲット)」エンジンを搭載し、Vespaの新たな廉価版グレードとして「Vespa LX125i-GET」を新たに国内再導入することを発表した。

Vespaのレンジで最も廉価な新型VespaLXは、革新的なi-GETエンジンでテクノロジーを高め、パーフォーマンスと効率性のために内部構成を刷新しながら、エレガントでクラシックなVespaのデザインDNAを受け継いだモデルとなっている。

発売は2017年7月初旬頃を予定しており、販売価格は、378,000円(税込)。

以下リリースより

Vespa LX125i-GET

▲ライムイエロー

▲モンテホワイト

Vespa LX125i-GETは、Vespaをもっとカジュアルに楽しんでいただくために、柔らかなボディラインでかつて日本マーケットでも人気を博した「LX」と同じボディに、高次元の環境性能と燃費性能を誇る最新のi-GETエンジンを搭載し、伝統的なフォルムと経済性を両立させた戦略的モデルです。

現在のVespaラインアップにおいて、価格を大幅に抑えつつ、もっともコンパクトでもっとも軽量に仕上げられた車体は、通勤通学などの使用用途にも適し、年齢や性別を問わず多くのお客様に受け入れられ易いVespaです。

Vespaは、イタリアンスタイルとエレガンスさを象徴する1台です。70年以上の歴史の中で、Vespaは単なる移動手段としての枠を超え、自由、美しさ、それを取り巻く世界への尊敬といった価値を根源とするライフスタイルに溶け込んでいます。

Vespaは、これまで経験したさまざまな時代の中で、常に技術の最先端を示して来ました。オールスチール製の高度に進化したベアリングコンセプトボディを特徴とし、Vespaは個性的なモビリティの進化を示しました。

・名称:Vespa LX125i-GET
・出荷時期:2017年7月初旬頃予定
・車両本体価格:¥378,000(消費税8%込)
・ボディカラー:ライムイエロー、モンテホワイト

新型i-GETエンジン 最高のクォリティと信頼性

新しいエンジンは、先進のクォリティと信頼性レベルを主目的として新たに設定された設計哲学の結果です。

設計プロセスのあらゆる局面で、個々のコンポーネントの効率を高めることを目指したことで、最大のパフォーマンスと同時に、最小レベルの燃料消費とエミッション(排気ガスだけでなく騒音面でも)も両立させています。

テスト段階を通じての100万kmを超える走行が、新型i-GETエンジンの開発プロセスにおける、品質と信頼性に対する注力の証です。VespaLXに搭載される新型i-GETエンジンは、電子制御インジェクションと3本のバルブを持つ、超近代的な単気筒の空冷4ストローク125ccエンジンです。

エキゾーストからトランスミッションカバーの内部デザインまで、あらゆる部位それぞれに、スムーズに、静かに、より快適に走ることができるよう設計されました。インジェクションシステムは熟成が進められ、効率性の面で改善が図られました。

ECUには、使用状況や高度に応じて常に最適な燃焼を実現する大気圧センサーが搭載されました。これは、「発進と停止」を繰り返す都市部においても、パワーとトルクの特性が安定性と信頼性の面で新たな高いレベルに達したことを意味しています。

Vespa LX 125 i-GET 主要諸元

ENGINE

エンジン i-GET 空冷単気筒4ストロークSOHC3バルブ
燃料供給方式 電子制御燃料噴射システム
排気量 124cc
最高出力 10.2HP(7.6kW)/7,600rpm
最大トルク 10.2Nm/6,000rpm
トランスミッション 自動無段階変速(CVT)

CHASSIS

フロントサスペンション 片持ちリンクアームデュアルアクション油圧式サスペンション
リアサスペンション 油圧式モノショックアブソーバー
4段階スプリングプリロード調整式
フロントブレーキ 油圧式200mmディスクブレーキ
リアブレーキ 機械式110mmドラムブレーキ
フロントタイヤ 110/70-11
リアタイヤ 120/70-10

DIMENSION

全長 1,770mm
全幅 705mm
ホイールベース 1,280mm
シート高 785mm
燃料タンク容量 7(±0,5)L
車両重量 114kg

→全文を読む

情報提供元 [ Vespa ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る