トライアンフ、オフィシャルエンジンサプライヤーとして、トリプルエンジンをMoto2に供給することを発表

トライアンフモーターサイクルジャパンは、2019年からFIM Moto2クラスのオフィシャルエンジンサプライヤーになることを発表した。

Moto2クラスに供給される新型エンジンは、ストリートトリプルのエンジンをベースにレース専用チューンを施した、3気筒765ccエンジンとなる。
クランク、ピストン、コンロッドとバランサシャフトなど、随所に新型の部品を採用している。

以下リリースより

トライアンフが、2019年よりMOTO2チャンピオンシップにエンジンを供給

トライアンフモーターサイクルズでは、2019年よりトライアンフモーターサイクルズが、FIM Moto2チャンピオンシップの、2019年シーズン以降の独占的エンジンサプライヤーとなることを発表致しました。

トライアンフは、MotoGPの商業権を保有するドルナ(DORNA)と、2017年新型ストリートトリプルのエンジンをベースにレース専用チューンを施した、3気筒765ccエンジンを供給する3年契約を締結しました。

新エンジンは、2014年、2015年に、マン島TT、デイトナ200、ブリティッシュ スーパースポーツ チャンピオンシップにおいて、数々の勝利をもたらしたDaytona 675Rエンジンの大幅な発展型となります。

【改良点】
Moto2用には、ストリートトリプルRSに搭載される最高仕様765ccパワープラントに、更に以下の改良を加えています。
・最適化されたガス流量確保のために改良された吸気、並びに、排気ポートを備えたモディファイドシリンダーヘッド
・より高回転を実現する、チタン製バルブ、および、強化バルブ スプリング
・慣性力を軽減する低出力レース キット オルタネータ
・よりギア比の高い1速ギア
・レース専用調整式スリッパー クラッチ
・Magneti Marelli との共同開発による、レース専用ECU
・改良型エンジン カバーによるエンジン全幅の低減
・ヘッドへのオイル流量確保の為の新型サンプシステム

【エンジン】
トライアンフMoto2765ccトリプル エンジンは、新型2017ストリート トリプルのエンジンをベースに、パワーとトルクの大幅な向上を目指し、開発されました。
「ロード」セットアップでは、新しい765ccエンジンはストリートトリプルに11,700rpmで123PS、および10,800rpmで77Nmのトルクを発生、史上最高レベルのパフォーマンスをもたらしています。
ボアとストロークの増加を含む、前世代のエンジンと比較して80以上の新しい部品を備えています。全く新しいエンジンコンポーネントには以下が含まれます。
・新型クランク
・新型ピストン
・新型コンロッドとバランサシャフト
・ニカシルメッキアルミニウムバレル
・改良型ギアボックス

レース仕様トライアンフ 765cc Moto2エンジンは、市販車に比べ、エンジンの吸気効率を高め、更に高回転を可能にするために開発されました。その結果全体のパフォーマンスが向上します。さらに、レース用にエンジンを適合させるための特別な変更も施してあります。

Paul Stroud(トライアンフモーターサイクルズ、チーフコマーシャルオフィサー)コメント
これはトライアンフにとって大変重要な瞬間であり、我々の110年のレースの歴史と、我々のトリプル エンジンに、TTとSupersportsレースで得られた賞賛に、更なる刺激的な新しい一章をもたらす出来事です。我々は、ドルナとMoto2チーム、ライダー、そして、ファンとの長期にわたるスリリングな関係を楽しみにしています。

Carmelo Ezpeleta(ドルナCEO)コメント
世界で最も象徴的なオートバイブランドのひとつと共に仕事をすることに非常に興奮しています。トライアンフのトリプルエンジンは、強力なライナーパワーとトルクの伝達で有名で、トラック上で多くの成功を収め、Moto2チャンピオンシップにとって理想的な選択です。トライアンフとのパートナーシップにより、2019シーズンと新世代のMoto2(TM)の始まりを楽しみにしています

Herve Poncharal(IRTA プレジデント)コメント
Moto2クラスはMotoGPクラスへのタレントを送り込む非常に重要なカテゴリーです。このクラスで経験を積んだライダーの多くがステップアップしています。トライアンフによるエンジンの独占供給は新しいECUと相まって新しい時代を切り開き、MotoGPクラスへとライダー達を導く究極のカテゴリーであり続けます。

Trevor Morris(レースシリーズ用エンジンの最終的な準備を担当するExternProのテクニカルディレクター)コメント
アイコニックなトライアンフ モーターサイクルズと協力してMoto2世界選手権のエンジンを供給できることは、信じられないほど素晴らしいことです。私は長い間トリプル エンジンのファンであり、ユニークな特性とパフォーマンスにより、チャンピオンシップの将来の成功を確実にし、更なる高みに誘ってくれることでしょう。

Julian Simon(アラゴンでのエンジン開発テストに携わった2009年の125ccワールドチャンピオン、Moto2準優勝経験のあるMoto2テストライダー)コメント
エンジンは力強く、特にミッドレンジは非常に印象的です。スロットルと後輪との感触は、非常にリニアでかつ制御しやすい。感触はとても良く、エンジンはすでに大きな可能性を秘めています。

トライアンフMoto2エンジンのCGIフィルム

→全文を読む

情報提供元 [ Triumph Motorcycles ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る