「V-Strom250」の詳細が発表!目指したのは「メチャクチャかっこいい」スタイルのアドベンチャーツアラー

【Webikeニュース編集部】

スズキワールド新宿で、新型「V-Strom」シリーズのメディア発表会が開催された。その中で遂に「V-Strom250」の詳細が発表されたので、気になる情報をお届けしたい。

新型となる「V-Strom1000」「V-Strom650」の発表と合わせて展示・紹介された”弟分”は、純正アクセサリーの3ボックスを搭載した堂々としたスタイリングで、兄貴達にも負けない魅力を放っている。

250アドベンチャーモデルが相次いで発表される中、遂にヴェールを脱いだ形だが、残念ながら正式な発売日と価格については調整中とのことで発表は持ち越しとなった。

ただ、開発担当者いわく「アクセサリーパーツ含めて非常にお求めやすいお値打ち価格」で進めているという事だった。「GSX250R」においても52万円台と非常に意欲的なプライスカードを掲げたスズキだけに、価格については期待したいところだ。

【関連ニュース】
◆新型「V-Strom650/1000」が国内デビュー 質実剛健で人気のアルペンマスターがさらに進化

「メチャクチャかっこいい!」スタイリングを目指した「V-Strom250」

250ccモデルにおいて斬新なスタイリングを採用したV-Strom250は、一目見て「メチャクチャかっこいい!」を目指した結果とのことで、兄弟車である「V-Strom1000」「V-Strom650」とも異なる「タフギア」感溢れるデザインに仕上がっている。

ヘッドライトはアウトドアで使用されるライトをモチーフにしたデザインで、この大きなサイズが過去にスズキで販売された「ジェベル250」を彷彿とさせ、オフロードイメージを想起させる。

また点灯した際の配光にもこだわり、リフレクタ―式のハロゲンバルブながら十分な光量を確保。ヘッドライトのフチにうっすらとリング状の光が映るように設計されている。
さすがにLEDのリング状ライトというわけにはいかないが、デザイン上アクセントとなっており、ヘッドライト周りの造形は素直にカッコイイと思えるものだ。

リアは面発光LEDのテールランプが採用されており、すっきりとしたシルエットだ。
比較的長く設定されたリアフェンダーはグローバルモデルかつアドベンチャーモデルらしく、しっかりと泥ハネを抑えてくれそうだ。

DR-BIGのエッセンスを受け継ぐV-Stromシリーズのデザイン

DR-BIG、砂漠の怪鳥と呼ばれた「DR800S」のDNAを継承したクチバシデザインが特徴的で、これはV-Stromシリーズに共通するDNAだ。

デザインにおいてのコンセプトは「Massive&Smart」。威風堂々としたシルエットながら、足つき性を良好にするなど普段使いも十分に意識したものに仕上がっている。

リア周りはサイドケース・トップケースの装着を意識した「3ボックス」がしっかりと装着できる設計で、純正のケース類がアクセサリーパーツとして準備されており、スマートに装着ができるようになっている。

純正のケースは使い勝手とデザインを突き詰め、お買い得な料金設定で提供予定ということで、はじめから「フルパニア」仕様にしてツーリングを楽しむことが出来そうだ。

純正キャリアもアルミ製で、ボックスを付けない場合もフラットな面があるので荷物を積載するのには便利なはずだ。

「ネガ液晶」を採用した多機能なメーター

コクピットとなるメーターにはフルLCDのネガ液晶を採用し、スピードメーター、タコメーター、オド・デュアルトリップメーター、ギアポジションインジケーター、平均燃費、オイルチェンジインジケーター、燃料系、時計といった機能を備えた十分な仕様。

▲ネガ液晶の左右には「RPM」インジケーターや、ニュートラル、ターンシグナルなどの表示が並ぶ

ちなみにカタログ燃費が39km/LのV-Strom250は、フルタンク17Lで航続距離500km以上を走破できる計算だ。平均燃費が表示されれば燃費走行の目安にもなるはずだ。

メーター上部にセットされるのはウインドスクリーンで、小ぶりでありながらも風洞実験を繰り返し、フルカウルモデルの「GSR250F」と同等の数値まで防風性を高められている。
ナックルカバーも標準装備となっており、防風性能の向上に一役買っている。

フロントブレーキレバーにも標準で5段階の調整機構があり、パッシングスイッチやハザードランプのスイッチも備える、まさに「ツーリング」を心置きなく楽しめるようかゆいところまで手が届く仕様だ。

また、このモデルは若いライダーからベテランライダーまで幅広いユーザーに乗ってほしいというスタンスから、800mmと比較的低めのシート高とシートの絞り込みによって良好な足つきを誇っている。
車体重量は装備で188kgと決して軽量ではないが、トルクフルなエンジンで出だしから軽快な走りを楽しめるように仕上がっているという。

エンジンスペックでは見えないツーリング特性

▲エンジンとフレームをカバーするアンダーガードも標準装備

エンジンはGSX250Rにも搭載される水冷4サイクルSOHC2気筒で、GSR250シリーズに搭載されたエンジンの進化版だ。

低中速を重視しライバル車種よりも圧倒的に低い回転域で、豊かなトルクを発生する。フルパニア+2名乗車であってもしっかりと発進し、90kmまでの加速性能を重視した特性だ。
最高出力こそ24馬力となっているが、発表会で説明されたトルクの描くグラフは明らかに乗りやすいと感じるもので、高燃費にも貢献しているはずだ。

エンジンの設計ではカムのプロフィールをより中低速へと変更し、シリンダーヘッドにはローラーロッカーアームを採用。シリンダーはホーニング方法を最適化し、ピストンリングの低張力化など、エンジン全体としてフリクションロスの低減を図っている。

エキゾーストシステムも、左右の管長を不等長とすることで高回転の出力と低回転の出力を両立。エキゾーストが集合する触媒付近はチャンバー室を設け、中速域の加速感向上に一役買っている。

さらにかゆいところに手が届く装備が満載

「タフギア感」が大切にされたV-Strom250だが、その他にも役に立つ装備が満載だ。
メンテナンスの際に役に立つセンタースタンドは標準装備されており、オプションで後付けする必要もない。ツーリング先でのチェーンのメンテナンスなども非常にやりやすいはずだ。

また、近年非常に重要なアクセサリーへの電源供給も配慮されており、ヘッドライト横にシガーソケット電源が準備されている。ハンドル回りにマウントした機器などへの電源供給は比較的楽なはずで、嬉しい装備だ。

キャップを締めている状態では防水設計だが、空けて使用する場合はその限りではない。ヘッドライトユニットは固定式のため配線の取り回しもひと工夫が必要だろう。

旅の相棒として活躍できる新しいモデルの誕生

フロント、リア共に17インチで新設計の10本スポークのキャストホイールを採用しているため、デュアルパーパス的なモデルというよりは、ツーリングの快適な「スポーツアドベンチャーツアラー」という位置づけだ。

足つき性の良い車体に多機能な装備を備え、初めての「ツーリングマシン」からベテランライダーのタフな「相棒」として、幅広いユーザーに受け入れられるバイクに仕上がっているだろう。
エンジンもツアラーとして最適化され、2気筒エンジンのスムーズさと低振動な特性、長大な航続距離で走ることを楽しくさせてくれるはずだ。

V-Strom250 主要諸元

型式 2BK-DS11A
全長 / 全幅 / 全高 2,150mm / 880mm / 1,295mm
軸間距離 / 最低地上高 1,425mm / 160mm
シート高 800mm
装備重量 188kg
燃料消費率 国土交通省届出値:定地燃費値 39.0km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 31.6km/L(クラス2、サブクラス2-2) 1名乗車時
最小回転半径 N/A
エンジン型式 / 弁方式 J517・水冷・4サイクル・2気筒 / SOHC・2バルブ
総排気量 248cc
内径×行程 / 圧縮比 53.5mm × 55.2mm / 11.5 : 1
最高出力 18kW〈24PS〉/ 8,000rpm
最大トルク 22N・m〈2.2kgf・m〉/ 6,500rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 ウェットサンプ式
潤滑油容量 2.4L
燃料タンク容量 17L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.416
2速 1.529
3速 1.181
4速 1.043
5速 0.909
6速 0.807
減速比(1次 / 2次) 3.238 / 3.357
フレーム形式 セミダブルクレードル
キャスター / トレール 25゜10/ N/A
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式シングルディスク / 油圧式シングルディスク
タイヤサイズ(前 / 後) 110/80-17M/C 57H / 140/70-17M/C 66H
舵取り角左右 36°
乗車定員 2名
排出ガス基準 平成28年国内排出ガス規制に対応

関連記事

ページ上部へ戻る