キャンピングカーとバイクを同時レンタル可能!レンタル819キズキ、「成田空港キャンピングカーレンタルセンター」をオープン

「6輪レンタル」という、新しい旅の楽しみ方を提供!

オートバイのレンタルサービス「レンタル819」を全国展開するキズキレンタルサービスは、「東京キャンピングカーレンタルセンター」を運営するファインシードと提携し、「成田空港キャンピングカーレンタルセンター」をオープンした。

このレンタルセンターでは、国内初となる、高級オートバイとキャンピングカーを同時レンタルするサービスが提供される。

移動手段や旅の楽しみ方も多様性が広がり、シェアリングという考え方も注目されている近年、「高級オートバイ」や「キャンピングカー」をレンタルして楽しむという需要も増えている。そんな中、業界大手の2社がタッグを組み『6輪レンタル』の提案が生まれたものだ。

このサービスを利用すれば、荷物をキャンピングカーに積載することで身軽に走り回ることが可能になる。例えばオートバイが趣味のお父さんが、家族と一緒に旅行を楽しむ、新しい選択肢となる。

▲6輪ツアー例

「成田空港キャンピングカーレンタルセンター」は、キズキレンタルサービスの100%出資法人であるモトツアーズジャパンの成田国際空港店にて6月1日にオープンしている。

成田国際空港から車で15分というロケーションで、さらに空港と店舗間で送迎が行われるため、ロードトリップの出発点として便利に利用できる。

以下プレスリリースより


開設の背景

近年、旅の楽しみ方も多様性が広がり移動手段や楽しみ方もひとそれぞれとなってきております。また、シェアリングという考え方が注目され「高級オートバイ」や「キャンピングカー」をレンタルして楽しむという需要が増えてきています。

そんな中、業界大手の2社がタッグを組み『6輪レンタル』の提案を通して市場の活性化、並びに新たな旅の楽しみ方を発見してもらうことを目的として開設いたしました。

荷物をキャンピングカーに積載することで身軽に走り回ることが可能です。オートバイが趣味のお父さんに、ご家族と一緒に楽しむ旅行をご提案します。

6輪レンタルとは

6輪レンタルとは、4輪(自動車)+2輪(オートバイ)をレンタルして楽しむスタイルを指す造語です。たとえば父親がオートバイ、母親と子供がキャンピングカーで伴走しながら旅を楽しむスタイルが実現可能です。

訪日外国人による利用

日本の整備された高速道路、英語表示の道路標識、島国ならではの海沿いの道、自然の表情豊かな山間部のカーブが続く道、何より北から南に延びる国土はその土地その土地で異なる表情や文化を楽しむことができます。

そんな恵まれた交通環境を持つ日本は、『世界中のライダーにとって絶好のツーリングエリア』といえます。そんなオートバイを利用した一風変わった旅行を希望されるお客様も増えています。

そこに居住性、快適性に優れているキャンピングカーのレンタルを組み合わせることで世界のライダー、同伴旅行者が共にエキサイティング、かつ快適・安全な旅を楽しんでいただくことができます。

成田空港キャンピングカーレンタルセンター概要

「成田空港キャンピングカーレンタルセンター」は、オートバイツアー専門旅行会社であるMTJの成田国際空港店(レンタル819成田国際空港店に併設)にてオープン。

広い敷地と倉庫を完備。成田国際空港から車で15分というロケーションです。成田国際空港と店舗間は送迎を行っており、気軽&便利にご利用いただけます。

東関東自動車道や圏央道へのアクセスも便利なため、ロードトリップの出発点として大変魅力的な店舗です。

URL : https://narita.tokyo-crc.com/
電話: 03-6450-5816(キャンピングカーの予約・問い合わせ)

情報提供元 [ レンタル819 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ エキサイター150】ディテール&試乗インプレッション タイやベトナムで人気の…
  2. ※参考画像 ■改善対策届出日 平成30年1月16日 ■改善対策届出番号 53…
  3. デイトナは、期間中にデイトナ商品を5,000円以上購入し応募すると、抽選でデイトナ商品をプレ…
  4. KAWASAKI GPZ900R 1998 年式 (900 cc) オーナー:メンフィ…
ページ上部へ戻る