【新車】ハスクバーナ、2018年モデルのモトクロッサーを発表

ハスクバーナは、2018年モデルとなる新型モトクロッサーを発表した。
2サイクルモデルと4サイクルモデルを精力的に開発しており、近年ではリザルトにおいても輝かしい成績を残している。

2018年モデルは各国のディーラーを通じて順次デリバリーが開始される予定だ。

2018 MOTOCROSS 2-STROKE MODEL

TC250

軽量なアルミダイキャストのエンジンに、革新的なパワー・バルブ・システムを採用。全域でスムーズで制御されたパワーを発揮する。
組み合わされるキャブレターは38mmのミクニ製でフラットバルブタイプを採用している。

また、フレームはメイン材にクロームモリブテン鋼、サブフレームにカーボンファイバー素材を採用している。サブフレームは1.4kgと軽量で、十分な強度を確保。
また、スチールフレームならではの計算されたたわみにより、フレームはサスペンションと調和して動作し、鋭いハンドリングと優れた快適性を提供。

ホイールはDIDによる黒色の高強度アルミ合金リムで、軽量スポークとアルマイト処理されたアルミニウムニップルを使用。CNC加工のアルミハブと相まって軽量な仕上がりとなっている。
サスペンションは前後WP製で、スタンダードタイヤとしてダンロップ MX-3Sモトクロスタイヤが装着されている。

また、ブレーキには2018年で初採用となるマグラ製の前後ブレーキシステムを採用。クラッチもマグラ製の油圧となっており、統一された形だ。

TC125

TC250と同じ基準で設計されたTC125は、優れた性能と品質を目指し開発。

コンパクトでパワフルなエンジンは、軽量のクロムモリブデンフレームと組み合わされており40馬力を発生。エンジンの全重量がわずか17.2 kgと軽量な仕上がりだ。
従来の2ストロークエンジンよりも高いトルクを提供するように設計されているため、TC125は初心者や経験豊富なベテランにも扱いやすい仕様となっている。

フレームやサスペンションはTC250と同様の試走で設計・製造されている。

TC85

TC85はフルサイズのモトクロスラインアップで成功したものと同じ技術を投入。2018年モデルはより進化したモデルへと進化している。

エンジンは新しいパワーバルブシステムを採用し、排気を制御することで最適な出力特性を実現。ミッドレンジの特性が大きく改善したことにより、サンドやマディでのクラッチ使用の必要も低減させている。 
また、油圧クラッチを採用しクラッチまわりで0.4kgの軽量化を実現。より軽量な車体を目指して改善が進んだ。

クロムモリブデン製のスチールフレームにリアはアルミ製のサブフレームを採用0.2kgの軽量化を果たしている。
リアショックには新型のWPlor PDSショックアブソーバが取り付けられ、取り付け確度の改善でさらに応答性を高める工夫が施された。

TC65

65ccクラスにおいて、トップレベルの性能を実現するエンジンは圧力制御の排気バルブを装備。ライダーがマシンを完全に制御できるように、6速のトランスミッションと油圧クラッチが備えられている。

TC50

自動遠心式クラッチを備えるTC50は、エンジンに3軸設計を採用することにより、クランクシャフトは重心近くに配置され、質量の集中化に役立つだけでなく、リードバルブへの理想的な吸気角度を生成し、最高レベルの性能を発揮。

主な特徴である、自動遠心クラッチにより、マニュアルクラッチとギアボックスを操作することなく、ライディングに集中することができる。

2018 MOTOCROSS 4-STROKE MODEL

FC450

全重量がわずか27.8kgで63馬力のピークパワーを発揮するエンジンは、重心に近づけて配置することで、操作性と機動性を大幅に向上。FIシステムはケーヒンの44mmのスロットルボディを採用。軽量なセルモーターをリチウムイオンバッテリーで駆動する。

軽量5速ギアボックスはシフトフォークに低摩擦コーティングを施し、スムーズで正確なシフトを可能としている。

ギアレバーは汚れの堆積を防ぎ、厳しい条件でもレバーの先端を元の位置に保つように設計されており、ギアセンサーで各ギアに特化したエンジンマップの提供が可能となっている。

また、シリーズ共通の軽量化されたクロムモリブデン製のスチールフレームとカーボンファイバーサブフレームにより、優れたハンドリング精度を提供すると同時に、バンプの吸収とフィーリングを向上させている。

FC350

最大出力58馬力の350ccDOHCエンジンは、重量、質量の集中化を重点として設計。クランクシャフトの2つの圧入式ベアリングシェルで構成されたビッグエンドベアリングは、高い耐久性を誇る。

セルスターター始動システムやハンドルバー搭載型マップスイッチを標準装備し、エンジン管理システム「ケーヒンEMS」により、完璧なスタート、選択可能なエンジンマップ、トラクションコントロールのための発進制御が統合されている。
450と同様にギアセンサーで各ギアに特化したエンジンマップの提供が可能となっている。

FC250

FC250に搭載されるエンジンは、26.1kgと軽量なだけでなく、出力軸で最高出力46馬力とパワフル。摩擦を可能な限り最小限にするよう主要コンポーネントを設計することで、結果的に抵抗を減少させることに成功している。

標準装備として、セルスターター始動、油圧クラッチ、マグラ製ブレーキ、ハンドルバー取り付け型マップスイッチが含まれる。

情報提供元 [ Husqvarna Motorcycles ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. STAR WARSオフィシャルの限定グラフィックモデル HJCヘルメットは、映画「ST…
  2. RED EAGLEとのコラボレーションで生まれた美しいシルエット オートバイ用品の企画・製…
  3. Webikeチームノリックヤマハは、チームスタッフが着用する新デザインのピットシャツを数量限…
  4. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
ページ上部へ戻る