鈴鹿8耐にケニー・ロバーツ氏の来場が決定!1985年のFZR750で32年ぶりに鈴鹿を走る

鈴鹿サーキットは、7月27日(木)から30(日)に開催する「2016-2017 FIM世界耐久選手権最終戦”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会」に、ケニー・ロバーツ氏の来場が決定したことを発表した。

すでに来場が決定しているウェス・クーリー氏、グレーム・クロスビー氏らとともにデモンストレーションランを披露する。
また、GPスクエアでの展示イベント「8耐ヒストリー“メガ”ミュージアム」には、鈴鹿8耐初代優勝マシンであるヨシムラのスズキGS1000をはじめ8台のマシンの展示が加わる。

【ケニー・ロバーツ氏 プロフィール】

1951年生まれ。カリフォルニア州出身。
1978年にYAMAHAのワークスライダーとしてWGP(ロードレース世界選手権)に参戦すると、その年から3年連続でチャンピオンを獲得。“キング・ケニー”の愛称で親しまれる。
鈴鹿8耐においては、1985年、1986年の2年連続で参戦。
1985年の鈴鹿8耐では当時の全日本ロードレースチャンピオン・平忠彦とのペアで出場。トップを独走し、YAMAHA史上初の鈴鹿8耐優勝をもたらすかと思われたが、マシントラブルによりコントロールライン直前で停車。リタイヤとなるも、鈴鹿8耐史に残る名シーンとして語り継がれている。

前夜祭イベント “The 8tai Legends ~レジェンドマシン再び鈴鹿に~”

7月29日(土)に行われる前夜祭では、40回記念大会にふさわしいマシンやライダーが登場し、“The 8tai Legends ~レジェンドマシン再び鈴鹿に~”と題したデモンストレーションランを行います。当時の8耐を彷彿させるデモランにご期待ください。

■日時
7月29日(土)19:20~の前夜祭中

■場所
国際レーシングコース 東コース

■デモランマシン/ライダー
1978年 ヨシムラ GS1000(1978年 鈴鹿8耐第1回優勝車レプリカ仕様)/ウェス・クーリー
1980年 ヨシムラR&D GS1000R/グレーム・クロスビー
1985年 TECH21 FZR750(0W74)/ケニー・ロバーツ
2007年 ヨシムラ スズキ with JOMO 34 GSX-R1000/加賀山就臣(予定)

▲1978年 ヨシムラ GS1000
▲1980年 ヨシムラR&D GS1000R

展示イベント「8耐ヒストリー“メガ”ミュージアム」

鈴鹿8耐の期間中、GPスクエアで行なわれる展示イベントの「8耐ヒストリー“メガ”ミュージアム」に、新たにケビン・シュワンツ氏をはじめとするレジェンドライダーが鈴鹿8耐で駆ったヨシムラのマシンが加わります。
8耐ヒストリー“メガ”ミュージアムは、第1回大会にあたる1978年から昨年の出場車両まで、メーカー・チーム問わず、国内に存在し展示できる車両ほぼ全てを8耐会場に集める大規模な展示イベントで、今回決まった8台を含め、現時点で38台の車両の展示を予定しています。

■日時
7月28日(金)7:30~18:00
7月29日(土)8:00~19:00
7月30日(日)6:30~20:00

■場所
GPスクエア

■展示に加わるマシン
1978年 ヨシムラ GS1000(1978年 鈴鹿8耐第1回優勝車レプリカ仕様)
1980年 ヨシムラR&D GS1000R
1986年 チームヨシムラモチュール GSX-R750
1987年 ヨシムラ スズキ OLIO FIAT GSX-R750
1992年 ヨシムラ スズキ GP-1プラス GSX-R750
2000年 ヨシムラ スズキ GP1DAXIM GSX1300R隼
2007年 ヨシムラ スズキ with JOMO 34 GSX-R1000
2009年 ヨシムラ スズキ with JOMO GSX-R1000

”コカ・コーラ”鈴鹿8耐ホームページ
>>http://www.suzukacircuit.jp/8tai/

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る