【新製品】アルバ、過度な滑りを防止する「G-GRIP 滑り難いシート張替サービス」を開始

アルバは、グロンドマンの「G-GRIP 滑り難いシート張替サービス」の発売を開始した。

このサービスは、申し込み後に自身のシートを取り外してグランドロマンへ送付し、滑りにくい特殊なシート表皮「G-グリップ」に張り替えられ、商品が届くというもの。

国内4メーカーを中心とした多くの車種に対応している。

シートのタイプはフロント(パッセンジャー)シート用、リア(タンデム)シート用、フロント(パッセンジャー)/リア(タンデム)シート用、タンデムシート一体型シート用の4種類、シートのステッチは黒・赤・青・黄・白・緑・透明の7色から選ぶことができる。

価格は、フロント(パッセンジャー)シート用が10,800円(税込)、リア(タンデム)シート用が9,720円(税込)、フロント(パッセンジャー)/リア(タンデム)シート用が18,360円(税込)、タンデムシート一体型シート用が16,200円(税込)。

【Webikeショッピング】
G-GRIP滑り難いシート張替サービス 商品ページ

G-GRIP 滑り難いシート張替サービス

▼フロント(パッセンジャー)シート用
10,800円(税込)

▼リア(タンデム)シート用
9,720円(税込)

▼フロント(パッセンジャー)/リア(タンデム)シート用
18,360円(税込)

▼タンデムシート一体型シート用
16,200円(税込)

安全と安心を手に入れる「G-グリップ」

ライディングに必要な安定性の向上、ライダーへの負担の軽減。シートはその一役を担う事ができるのではないか?その発想からグリップ機能を持った滑りにくい特殊なシート表皮で張り替えるシート「G-グリップ」は生まれました。

コーナリング、STOP&GOにおけるニーグリップ時の負担を軽減し、タンデム走行時に同乗者がシートにしっかりグリップされている事を実感。運転手・同乗者ともに快適性を感じるでしょう。ライディングスーツ等はもちろん、ジーンズなど普段着でも服装を問わず効果を体感できます。

しかしながら、完全に滑らないシートは逆に不安定なライディングになってしまいます。「G-グリップ」はライディングフィールを考慮し、「グリップさせすぎない」事にも配慮。コントロール性能を向上させ、適度に滑りも残しながらコーナリングをサポートするよう最適化。

ワインディング、サーキットにおけるレーシング走行、町中など様々なフィールドでテストを実施しニーグリップのし易さ、コントロール性能、ツーリングの安全性の向上だけでなく立ちゴケ防止など、あらゆるシーンで効果を発揮するよう開発しました。

タンデム走行はブレーキングの際に同乗者の体重が運転者への負担となりますが、その負担も軽減されます。

「G-グリップ」は使用する特殊素材のポテンシャルを最大限に生かすためデザイン、設計、製作、取り付けまで全てにおいて日本製に拘っています。

商品お渡しまでの流れ


■STEP1 Gグリップパッケージを購入
ショップにてシートの張り替えを申し込むのでは無く、申し込みキットが入った「G-グリップのパッケージ」を購入して頂きます。

【セット内容】
外箱、申込書、緩衝材(エアパッキン)、宅配便着払伝票

■STEP2 グロンドマンへ送る
お申込みを書をご記入頂き、ご自身のオートバイからシートを取り外して頂きます。パッケージ内にあります返送キットでシートを梱包し、申し込み書同梱のうえ、グロンドマンに送って頂きます。

■STEP3 商品お届け
送って頂いたシートを申し込み内容に基いて加工、張り替えます。
作業終了後、シートをお届けいたします。
※この際の送料は弊社負担になりますので、発生致しません。

カラーバリエーション


G-グリップは黒ベースの生地にステッチのカラーをお選びいただけます。

黒ステッチ、赤ステッチ、青ステッチ、黄ステッチ、白ステッチ、緑ステッチ、透明ステッチ
ステッチはダブルになります。

【Webikeショッピング】
G-GRIP滑り難いシート張替サービス 商品ページ

情報提供元 [ ALBA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る