2日間で9,000人を動員!ハーレーダビッドソン、『BLUE SKY HEAVEN 2017』大盛況のうちに閉幕

ハーレーダビッドソン ジャパンは、5月20日(土)から21日(日) の2日間にわたり、富士スピードウェイにてミュージック&キャンプ・フェス『BLUE SKY HEAVEN』(ブルースカイヘブン)を開催し、総来場者数9,000人となり、今年も大盛況のうちに閉幕した。

以下リリースより

『BLUE SKY HEAVEN』今年も大盛況のうちに閉幕

『BLUE SKY HEAVEN』は1998年より毎年開催され、今年で19回目を迎えた日本最大級のハーレーダビッドソンオフィシャルファンイベントです。

今年も富士山麓に位置する富士スピードウェイを目指し、日本全国から多くのモーターサイクルが集結しました。

ハーレーを所有するオーナーが集まるイベントとしては国内最大規模のものとなり、オーナー同士で交流を深めることはもちろん、今年はヘッドライナーにGotch & The Good New Timesを迎えるなど、幅広いジャンルのアーティストたちのパフォーマンスや多数のアトラクションを用意したことで、ハーレーに乗っていない方でも年齢を問わず楽しんでいただけるイベントとなりました。

情報提供元 [ ハーレーダビッドソンジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GSX-Rに高性能なエントリーモデルが登場 スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク…
  2. カフェレーサースタイルの個性的な外観 スズキは、現代の最新技術を用いたエンジンや車体に、伝…
  3. 1月20日、ダカールラリー第40回大会の最終ステージがアルゼンチンで開催された。 …
  4. DEAN & DELUCA が他企業と展開する世界初のショップ ビー・エム・ダブリューと、…
ページ上部へ戻る