ヤマハ、モーターサイクルレース史上に残る、グランプリ通算500勝を達成

ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・フランスGPにおいて、当社のファクトリーチーム「Movister Yamaha MotoGP」から「YZR-M1」で参戦するマーベリック・ビニャーレス選手が優勝し、モーターサイクルレース史上に残る、グランプリ通算500勝を達成した。

【関連ニュース】
◆[MotoGP]Rd.5 ビニャーレスが激戦のル・マンを制して3勝目!ザルコが2位でMotoGP初表彰台

モーターサイクルレースの国際統括機関である「国際モーターサイクリズム連盟(FIM)は、当社が125㏄クラスで47勝、250㏄クラスで165勝、350㏄クラスで63勝、500㏄クラスで120勝、MotoGPクラスで105勝を獲得し、グランプリにおいて合計500勝を達成したことを正式に発表した。

バレンティーノ・ロッシ選手は、全ヤマハライダーのなかでも最高の成功者のひとりで、初めて「YZR-M1」で出場した2004年の開幕戦・南アフリカGPで優勝を飾って以来、合計55勝を挙げ、500勝達成に大きく貢献した。また、ビニャーレス選手は、今シーズンから「Movistar Yamaha MotoGP」の一員として5レースに出場。開幕からここまで3勝を挙げ500勝を実現した。

その他の優勝者には、ホルヘ・ロレンソ選手(44勝)、フィル・リード氏(39勝)、エディ・ローソン氏(26勝)、ウェイン・レイニー氏(24勝)、ケニー・ロバーツ氏(24勝)、ビル・アイビー氏(21勝)、カルロス・ラバード氏(19勝)、ルカ・カダローラ氏(13勝)、ジャコモ・アゴスチーニ氏(12勝)を含め、多くのライダーが名を連ねている。

なお、500勝達成を記念して特設サイト(英語)を公開した。500勝にまつわるヤマハのグランプリレース史を物語る映像や写真、そしてその快挙達成に貢献したライダー、マシンの概要が紹介されている。

ヤマハグランプリ500勝達成記念サイト
>>www.yamahamotogp.com/500-victories

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る