ホンダ、「CB750Four」の補修部品を期間限定で一部再生産 Webikeでも予約を受付

ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備や金型の修繕を行い再生産する活動を開始している。

2017年は「CB750Four」用のパーツが8品目、計9点再生産され、CB750Four用の「クラッチアウター」「クラッチセンター」などのエンジンに関連するパーツや「ドライブスプロケット」「ドリブンスプロケット」などの純正スプロケット、「フューエルタンクエンブレム」などが再販となる。

部品を公平に供給するため受注生産としており、受注期間は2017年5月15日から6月6日までとなっており、納期は明記されているもので2017年12月から、一部商品は納期が分かり次第の案内となる。

なお、受注数が基準に満たなかった場合、再生産が中止される場合がある。

【Webikeショッピング】
「CB750Four」の補修部品 商品予約ページ
【関連ニュース】
◆ホンダ、「NSR250R」の補修部品を期間限定で一部再生産 Webikeでも予約を受付

再生産品リスト

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ヤマハ TZR250R(※イメージ画像) 2スト車を中心に計5台の絶版車をラインナップ 東…
  2. エビスサーキットとナップスは、ライダーを対象とした福島復興支援イベント「福島モトフェス」を9…
  3. スズキは、2ストローク84cm3モトクロッサー「RM85L」のカラーリングを変更し、9月21…
  4. スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク「GSX-R125 ABS」のカラーリングを変…
ページ上部へ戻る