ホンダ、「NSR250R」の補修部品を期間限定で一部再生産 Webikeでも予約を受付

ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備や金型の修繕を行い再生産する活動を開始している。

2017年は「NSR250R」用のパーツが12品目、計22点再生産され、MC21、MC28用の「インシュレーター」「ジェットニードルセット」などの純正キャブレターに関連するパーツや「スロットルケーブル」「チョークケーブル」などのケーブルワイヤ製品が再販となる。

部品を公平に供給するため受注生産としており、受注期間は2017年5月15日から6月6日までとなっており、納期は明記されているもので2017年12月から、一部商品は納期が分かり次第の案内となる。

なお、受注数が基準に満たなかった場合、再生産が中止される場合がある。

【Webikeショッピング】
「NSR250R」の補修部品 商品予約ページ
【関連ニュース】
◆ホンダ、「CB750Four」の補修部品を期間限定で一部再生産 Webikeでも予約を受付

再生産品リスト

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
ページ上部へ戻る