【Versys-X 250 試乗インプレ】気軽に楽しめるジャストサイズなアドベンチャーバイク!

欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレポートをお送りする、【気になるバイクを徹底インプレ!】

【カワサキ Versys-X 250(ヴェルシス-X 250)】
ディテール&試乗インプレッション

Webikeバイク選びスタッフ】

撮影協力店:エムズファクトリー

今回の【気になるバイクを徹底インプレ!】はカワサキのVersys-X 250(ヴェルシスX 250)です!
今年のモーターサイクルショーでも展示されておりましたこのバイク。一体どんなバイクか気になっている方も多いのではないでしょうか?
これまでのカワサキ車ラインナップでは見かけることの無かった250ccのアドベンチャーモデル。
新たなブームの到来を感じる小排気量アドベンチャーの楽しさと「旅力」をお伝えします!

【Versys-X 250:現行車種の詳細スペックはこちらから】
Versys-X 250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

Versys-X 250は迫力満点の車体がグッド!

まずは全体チェックから。
意外と車体は大きく、いかにもアドベンチャーな印象を受けます。車体は400ccのエンジンを載せても問題なさそうな余裕を感じ、長距離走行もOKな「旅バイク」の雰囲気を醸し出しています。
個人的には結構好きなデザインです。

大型アドベンチャーに比べて、気軽に跨って走れるバイクだと思います。初めてバイクを買う方にもちょうど良いサイズ感ではないでしょうか。
パニアケースを取り付ける前提のフレームは、荷物を色々と積載させても安定しているはずです。

大きめスクリーンで防風性能もバッチリ

純正でスクリーンでが装着されており、防風性能は高いです。
私は身長180cmですが顔付近への風を感じる事はほとんど無く、ヘルメットのシールドを開けた状態でも快適に走行することができました。
おそらく社外のロングスクリーンも続々発売されることと思いますので、さらに防風性能を高めることもできますね。

アップハンドルのため自然な姿勢で楽々乗車


ハンドルは適度なアップ具合で自然な乗車姿勢を取ることができます。体からの距離も遠すぎず近すぎずで窮屈さも感じません。

少し気になった点として、ウインカースイッチが斜めになっており、キャンセルで押す時にうっかり指が滑って右ウインカーを出してしまうことがあります。
やや指を引っ掛けつつしっかり押し込むことを心がけると良いと思います。

▲ウインカーは一般的なプッシュキャンセル式

アシスト&スリッパークラッチでシフトチェンジも軽々操作

また、アシスト&スリッパークラッチを採用されており、クラッチレバーの握りがかなり軽いです。
人差し指一本でも握り込めるほどですので、最初に握った際にはワイヤーが切れているかと思ってしまった程です。この軽さはツーリング時の疲労軽減にも繋がってかなり高ポイントです。
また、この軽さは女性にとっても嬉しいのではないでしょうか。

シートはパンチング素材で滑りにくいが、硬さが気になる


シートはパンチング素材になっており、しっかりグリップしてくれます。ツーリングする上で「滑りにくい」というのはかなり重要ですよね。また、座面も広めなので安定して座ることができます。
しかしどうしても気になる点が1つ。シートが驚くほど固いです。指で押しても固い。座るとやっぱり固い。
私は15分でお尻が痛くなり、たまらず立ったり座ったりを繰り返すようになってしまいました。
車両を貸していただいた販売店の方からも言われてましたが、予想以上のツラさです。
この状態だとツーリングで長時間座り続ける事が厳しくなってしまいますので、シートクッションの購入をオススメします。


タンデム側も一見高さがあるように見えますが、実際に座ってみるとフラットな座面もあって怖さは感じません。

シート下の収納はほぼ無いが、細かな配慮は流石アドベンチャーバイク

シート下には収納がほとんどありません。タンデム側は蓋が付いており、それを開けると車載工具スペースが現れます。
バッテリーはシート下のなるべく中心位置に搭載されているので、マスの集中化を意識した配置となっています。

そして特徴的なのが、ETC車載器を取り付けるスペースが用意されており、高速を利用したツーリングへの配慮を感じます。
別体式ETCの本体を入れるスペースと配線取り回しのスペースが空いているので、ETC装着には悩むことは無いでしょう。この辺りは流石ですね!

蓋を外した状態がこの写真です。このスペースにしか物を入れることはできなさそうです。
書類やちょっとした小物を入れると埋まってしまうほどなので、残念ながらそのままの状態では積載性はゼロに等しいでしょう。

しかし、純正でキャリアが装着されており、既に開いている4つの穴にはGIVIのトップケースが加工なしのボルトオン装着ができるそうです。積載性を増やすには是非ボックスの購入をご検討ください!

ちなみに、タンデムシートとキャリアは同じ高さになっているので、ボックスを載せなくても荷物はかなり幅広く乗せることができます。

大径タイヤ採用で安定した走りと、しっかり止まれる安心ブレーキ!

タイヤはフロント19インチ、リア17インチの定番の組み合わせです。フロントフォークはインナーチューブ41mmの直径と130mmのストローク量のおかげで、大柄な車体ですが多少の悪路も気にならずにガンガン進んでいくことができます。
スポークホイールなのでタイヤチューブが採用されており、不意のパンクでも修理や交換が可能です。

ブレーキはシングルディスク採用でよく効きます。
ABSを作動させることはありませんでしたが、「ABSがついている」という安心感はいざという時に大きいと思います。

防振対策もされている万能ステップ

ステップは可倒式になっています。幅広なステップとアップハンドルが相まってスタンディングの姿勢が非常に安定します。

さらに、足への振動を最小限にするための工夫もされています。ステップの裏に防振対策の重りが着いているので、走行中も足元への振動は少なくかなり快適に乗ることができました。これは旅力ポイント大です!

電装系はシャープなデザイン

LEDは使われておりません。しかし、マルチリフレクターを使われているので十分明るく見えますし、H4バルブを採用されているのでLEDライトへの交換も容易です。
純正の明るさに物足りなければ交換を検討しても良いと思います。

ウインカーもLED採用ではないですが、クリアレンズ採用で非常にシャープな印象になります。通常時はそこまで主張せずに、点灯時はしっかり目立つのでルックスも実用性もバッチリです。

旅に嬉しい多機能メーター

メーターは多機能でアドベンチャーならでは!

中央パネルは「アナログタコメーター、シフトインジケーター、時計」です。
右パネルも3分割されており、上から「オド、トリップA/B」。中央に速度計。下に「平均燃費、瞬間燃費、残燃料から予測される走行可能距離」が表示されます。
特に、自分が残りどれくらいの距離を走れるのかの目安を知ることができるのは非常にありがたいですね!

左パネルは各種表示切り替えスイッチと、ABSやETCなどのランプが点灯する仕様になっています。
また、メーターパネルの左右に丸と四角の枠がありますが、その部分にはオプションで取付可能なDC電源ソケットとフォグランプのスイッチが装着されます。

Versys-X 250に跨って足つきチェック!

ウェビックスタッフが跨って身長別で比較してみます。
まずは身長180cmのスタッフです。


両足共に地面に着くので余裕のある乗車姿勢を取ることができます。膝も曲がる程度にゆとりもありますので、タチゴケ等の心配もありません。傾斜のあるような場所でも問題無さそうです。

続いて身長168cmのスタッフが跨ります。


こちらはつま先立ちにはなりますが、キツさは感じないとの事でした。
平坦路では問題なしですが、傾斜のある場所では少し気を付けた方が良いかもしれません。しかし、シート高も815mmと高い方では無いですし、基本的には足つきは良いバイクだと思います。

続きましてタンデムです。
先程のスタッフ2名に跨ってもらい、タンデムチェックです。

主にタンデム側の乗車感想にはなりますが、「見た目ほど窮屈さは感じない」との事。座面の広さが乗車時の余裕に繋がっていると思います。
タンデムバーもハンドルと同じ太さに設計されているため握りやすそうです。視線がやや高くなりますが、広いシートとタンデムバーのお陰で安定して座れるでしょう。

Versys-X 250で走ってみました!

さて、実際にVersys-X 250で走行をしてみました。
試乗環境は平坦路(低速走行、中速走行)、坂道、コーナリングになります。


エンジンはニンジャ250と同型です。静かな排気音とわずかな振動が心地よいです。
アイドリングは1,500回転で、2,000~2,200回転でクラッチを繋ぐかたちになります。

平坦路

まずは30km前後での低速走行を意識して走ってみましたが、ギクシャクする感じも無く自然に走ることができました。3、4速を保ちながら走るとスムーズです。シフトチェンジを繰り返さなくても、アクセルのオンオフだけである程度のバランスを取ることは可能でした。
また、次に少し引っ張り気味での中速走行を意識しましたが、早めにシフトアップしていった方がストレス無く走行できました。6,000~7,000回転までは引っ張れますが、それ以上はやや伸びが悪い印象です。
個人的には6速6,000回転60~70kmで流す感じに走るのが一番気持ちいいと思います。頑張れば力は出せるが、無理なくまったりが似合うバイクです。

坂道

坂道でも十分なパワーを感じることができました。アクセルを開ければ開けるだけグングン登っていきます。
低いギアでなるべく引っ張り気味で走ったほうが力は出ていました。シフトアップを早めて高いギアで走るとややもたつきました。

コーナリング

Versys-X 250はガソリンタンクの容量が大きい(17L)のと、車両自体がやや重め(175kg)な事もあり、実はそこまで軽いバイクではありません。
しかしコーナリングではその重さを感じることは無く、非常に軽快に走ることができました。「スパッ」と曲がるよりも「スーッ」と曲がっていくイメージです。
もちろんクイックな切り返し等も無理なく行うことが可能ですので、ツーリング先での峠道なども楽しめるはずです。

Versys-X 250、如何でしょうか?
大型アドベンチャーには無い「気軽さ」「扱いやすさ」が魅力の良いバイクだと思います。
もし乗り換え等を悩まれている方は、是非一度お店に行って直接見てみることをオススメします。

【Versys-X 250:現行車種の詳細スペックはこちらから】
Versys-X 250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

撮影協力店:エムズファクトリー

記事協力 [ Webikeバイク選び ]

ウェビックバイク選び スタッフ

ウェビックバイク選び スタッフ

投稿者プロフィール

900ccスポーツバイクとカブを所有。好きなジャンルは90年代のSS。
ツーリングメインのライダーですが、たまにサーキットも走ってスポーツ走行も楽しんでます。
一般ライダーの視点で様々な車種の試乗インプレをお届けします!

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る