Ducati XDiavel Sが登場するフルCG長編映画 『バイオハザード:ヴェンデッタ』が5/27全国ロードショー

昨年3月の東京モーターサイクルショーで発表された、ドゥカティのDucati XDiavel Sが起用されたフルCG長編アニメ映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』が、いよいよ5月27日(土)から、全国ロードショーとなる。

世界的に有名な『バイオハザード』のCGアニメ最新作であり、ゲームシリーズの主人公であるクリス・レッドフィールドとレオン・S・ケネディが今回初めてタッグを組むという事や、『呪怨』を手掛けた清水崇監督がエグゼクティブ・プロデューサーとして関わることで公開前から非常に注目されている。

Ducati XDiavelは主人公・レオンが戦闘で使用するバイクとして登場。迫りくる敵をかわしながら疾走するアクションシーンで、XDiavel Sに乗って颯爽と現れる。XDiavel Sの活躍を、5月27日から公開になる映画で確かめてみよう。

XDiavel(エックスディアベル)とは

ドゥカティ XDiavelは、まったく新しい基準に照らし合わせて、クルーザー・ワールドの解釈を試みた意欲的なモデル。
ドゥカティは、複数のオリジナル・コンポーネントを採用。さらに相反する世界観とコンセプトを融合させて、この命題に応じた。
しかしながら、ドゥカティの本質的価値であるスタイル、ハイテクノロジー、パフォーマンスに、一切の妥協は存在しない。

『バイオハザード:ヴェンデッタ』とは

シリーズ累計販売本数7,700万本を超えるサバイバルホラー・アクションゲームの代名詞、『バイオハザード』の世界観をベースに、歴代ゲームに登場した人気のキャラクター達や、不気味な存在を醸し出す、映画オリジナルの新キャラクター達が、予測不可能なバトルを繰り広げる。

世界的大ヒットのサバイバルホラーゲーム『バイオハザード』シリーズをハイクオリティCG技術で描く、最新のフルCG長編アニメーション映画最新作。
アニメーション制作は、『キャプテンハーロック』、『MOOM』などフルCGアニメーションに於いて今注目を集めるマーザ・アニメーションプラネット。

5月27日(土) 全国ロードショー

●エグゼクティブ・プロデューサー:清⽔崇『呪怨』シリーズ
●監督:辻本貴則『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
●脚本:深⾒真『PSYCHO-PASS サイコパス』
●⾳楽:川井憲次『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
●原作監修:⼩林裕幸(カプコン)『バイオハザード』シリーズ
●製作:マーザ・アニメーションプラネット
●配給:KADOKAWA
●公式サイト:>>http://biohazard-vendetta.com
●公式twitter:@bio_vendetta >>https://twitter.com/bio_vendetta
© 2017 CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

→全文を読む

情報提供元 [ Ducati Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る