【Webikeチームノリックヤマハ】2017年全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦

■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 菅生
■開催日:2017年5月13日(土)~ 5月14日(日)
■開催場所:宮城県 スポーツランドSUGO

■ライダー/レース結果
JSB1000クラス
#47 上和田 拓海 決勝:14位

全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦JSB1000クラスでチームノリックヤマハの上和田 拓海選手が出場しました。

JSB1000クラスは120マイルに及ぶ52周の耐久レースとなります。土曜日に公式予選が行われる予定でしたが、天候に恵まれなかったこの日は、雨の後に霧が発生したために中止となりました。予選は日曜日の朝に持ち越しです。

翌日日曜日、決勝当日となるこの日も引き続きの雨。午前中の予選では上和田選手のタイムは1’42.809、17位で予選を通過しました。そして午後もなお降り続く雨の中、決勝のスタートです。

17番グリッドからスタートしてから、1周目を終えた時点で18番手に下がりました。その後は少しずつ順位を上げながら17周目には12番手まで浮上。

その後しばらく12~13番手を前後しながら走り続けましたが、31周目で15番手まで順位を落としてしまいます。それでも35週目には14位へと前に出て懸命な走りを続け、そのままフィニッシュとなりました。

前回のデビュー戦では多くのトラブルを抱えて走り抜くこととなりましたが、今回は当初の課題としていた完走を無事果たし、堅実に前進することができました。

次の第4戦となるもてぎではこのレースで身に着けた自信を武器に、更に上位で戦う姿に期待です。

 

上和田 拓海
■全日本ロードレース選手権シリーズ JSB1000
決勝リザルト:14位 Best Time:1’42.481

上和田 拓海 選手コメント

今回は、前回の開幕戦が散々な結果で終わってしまったので、とにかくレースウィーク通して、転倒なく落ち着いて完走することが第1の課題でした。

初日・2日目としっかりと着実にセットアップを進め、少しずつではありますがタイムアップに繋げて行くことができていました。

しかし土曜日の予選の天候は雨。そして霧が出てしまい、走行が出来ないほどのコンディションになり、土曜日の予選は中止になってしまいました。

そのため、本来であれば日曜日の朝のフリー走行の時間が、公式予選に変更というスケジュールになりました。日曜日は予選も含めて決勝も雨が止まずにレインコンディションです。

自分にとってレインコンディションでの走行は経験がなかったため、多くの不安を抱えるレースとなることが予想されましたが、予選ではそれでも少しずつペース上げていきながら、17位で予選を終える結果となりました。

決勝は52周の長いレースとなります。とにかく転倒を避け、落ち着いて走りきる事を最優先に考え、挑みました!

左コーナーでのグリップ不足の問題を抱えていましたが、レインコンディションの不安を振り払い決勝レースは14位でゴールしました。

今回はコンディションによるスケジュール変更など、多くの走行ディレイなどに悩まされました。

レースを振り返り、初めての雨天の中もしっかりと走行し、14位で走りきる事が出来たことに少しホッとしています。

自分にとってやっとスタートラインに立てた、という心境です。ここから着実にステップを踏むべく次戦のもてぎでは更に前進していきます。

もっと上位で走れる様に、しっかりと準備をして行きます!!

今回も、たくさんの応援してくださった皆様、そして多くのサポートをして下さっているスポンサーの皆様に感謝します。
たくさんの応援ありがとうございました!次戦も全力で挑みます!

上和田 拓海

photo by Ishizaki Nobuki , Komai Toshiyuki

→全文を読む

情報提供元 [ Webike Motosport ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る