[MFJ]JRR Rd.3 ST600 岡本裕生が独走で全日本初優勝を飾る!

岡本裕生が見事全日本初優勝

18周で争われたST600の決勝は、冷たい雨のレースとなり、転倒者も少なくなかった。全日本2年目の岡本裕生がホールショットを奪うとレースをリード。
横江竜司が、その背後に迫っていたが痛恨の転倒。

トップ独走状態となった岡本は、終盤にファステストラップをマークする堂々とした走りを見せ、そのままチェッカー。見事全日本初優勝を飾った。
2位に前田恵助が入り、3位に予選22番手グリッドから追い上げた開幕戦のウイナー星野知也が入った。
以下、國峰啄磨、杉山優輝、名越公助、古山颯太と続いた。

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、福岡県にある正規販売店「トライアンフ福岡」を1…
  2. エレガントなスタイリング&優れた動力性能 スズキは、エレガントなスタイリングと快適性、充実…
  3. 2018年10月19日(金)開催の「2018 FIM MotoGP(TM) 世界選手権シリー…
  4. スズキは、アグレッシブなスタイリングや高出力エンジンを特長とする125ccのストリートスポー…
ページ上部へ戻る