[JTR]Rd.3 小川友幸が今シーズン初勝利を挙げる

前回の近畿大会に続き、九州大会も新しい会場での開催となった。広大なエリアをトライアルパークにしようという動きの一環として、町内の方々にトライアルを認知してもらうための全日本選手権も開催された。

前々日に大雨に見舞われ、レース会場の水分を含んだ土質は重く、セクションの下見をするライダーたちは表情を険しくさせていた。天気が回復したものの、どこまで地面が乾くのか、またグリップがあるコンディションは復活するのか等が気になるところだった。

■開催日:2017年5月14日
■開催地:大分県・玖珠トライアルヒルズ
■観客:1,200人
■気温:26度
■天候:晴れ
■競技:10セクション×2ラップ+SS-2セクション
■持ち時間:5時間(10セクション×2ラップ)
■最多クリーン数:小川友幸(ホンダ)/12

小川友幸が待ちに待った復活の勝利

小川友幸(Honda)は、開幕戦では大差で敗れ、第2戦ではあと2点差の惜しいところで破れています。レースの内容は違いますが、2連敗している事実は変わりません。ゼッケン1を付けるチャンピオンとしては、ここでどうしても勝利が欲しいところ。

今回の小川は、絶好調とは言えずとも、開幕からの2戦に比べればらしさを取り戻した走りを披露。1ラップ目では、第4セクションで5点の減点となり、一時は4番手からの追い上げを強いられた。この局面を耐えた小川は、終わってみれば、1ラップ目から2ラップ目、そしてSSの2セクションでもすべてトップを維持したまま、10セクション2ラップ+2セクションを走り抜けた。

特に小川が圧巻の走りを見せたのがSSで、SS1は3点の減点に抑えた。こういう場面ではクリーンを狙う小川だが、ここでは黒山健一(ヤマハ)に1点以上の差をつければ勝利が決まるという場面。ここでは、クリーンよりもまず勝ちにこだわって走行した。バランスを崩した際には躊躇なく足を出し、3点でコースを走破。その時点で、小川の勝利はほぼ確定となった。

最終SSは、強烈なヒルクライム。最後にトライする小川の前では、黒山が失敗していた。この時点でセクションをアウトしたのは、野崎史高(シェルコ)ただ一人。

小川は、黒山がテープを切ってしまったり、多くのライダーを叩き落とした岩場をスムーズに越えると、野崎のみが3点で抜け出たこの難セクションを、わずか1点で走り抜けてみせた。

終わってみれば、小川の29点に対し、黒山は39点。クリーン数は小川の12に対し、黒山は8という結果に。昨年の終盤から黒山に連勝を許している小川にとっては、今回は待ちに待った復活の勝利となった。

次回第4戦・中国大会は6月11日、鳥取県のHIROスポーツパークで行われる。

RESULT

1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 減点29/クリーン12
2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 減点39/クリーン8
3 野崎史高 YSP京葉×KEN OKUYAMA Sherco 減点47/クリーン7
4 小川毅士 宗七音響 Wise Beta Team Beta 減点56/クリーン4
5 柴田暁 Vertigo with Mitani Vertigo 減点/73クリーン4
6 成田亮 ハザードブレーカーズBeta Beta 減点84/クリーン2
7 斎藤晶夫 Honda ブルーヘルメット Honda 減点87/クリーン1
8 久岡孝二 Vertigo with Mitani Vertigo 減点90/クリーン0
9 野本佳章 モトベント&ベータ Beta 減点91/クリーン1
10 砂田真彦 オートテクニックスポーツ Honda 減点95/クリーン0

RIDERS RANKING

1 黒山健一 Yamaha 57ポイント
2 小川友幸 Honda 54ポイント
3 野崎史高 Sherco 43ポイント
4 小川毅士 Beta 41ポイント
5 柴田暁 Vertigo 33ポイント
6 斎藤晶夫 Honda 28ポイント
7 野本佳章 Beta 26ポイント
8 成田亮 Beta 21ポイント
9 久岡孝二 Vertigo 20ポイント
10 藤原慎也 GasGas 16ポイント

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今年の819(バイク)の日は土曜日!【8月19日】に「WebikeCAFE Meeting」…
  2. アライは、高品質を追求したスタイリッシュでモダンクラッシックなオープンフェイスヘルメット、C…
  3. アメリカンなバイカーアパレルを扱うモトブルーズは、「US Route66 アンティーク エン…
  4. バイク用品店Webikeで、フルパワー化 、スピードリミッター(180km/hリミッター)を…
ページ上部へ戻る