[WSB]Rd.5 デイビスがダブルウィンを達成!レイが2レースともに2位

第5戦イタリア・イモラ大会が、5月12日(金)~14日(日)の3日間、イモラ・サーキットで開催された。

イモラ大会は、2001年に初めて開催されて、今年で15回目を迎えた。

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第5戦イタリア大会
■開催地:イタリア/イモラ(1周4,936km)
■周回数:レース1 12周(59.232km)、レース2 18周(88.848km)

レース1
■開催日:2017年5月13日(土)
■コースコンディション:ドライ
■気温:24度
■PP:C・デイビス(Ducati/1分45秒598)
■FL:C・デイビス(Ducati/1分46秒393)

レース2
■開催日:2017年5月14日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:27度
■PP:C・デイビス(Ducati/1分45秒598)
■FL:C・デイビス(Ducati/1分46秒720)

デイビスがダブルウィンを達成!レイが2レースともに2位で、開幕戦からの連続表彰台記録を継続

レース1、昨年のイモラも連覇したデイビス(ドゥカティ)。今年も予選から圧倒的なペースでライバルを圧倒した。さらにレースでは、ホールショットを決めるとそのまま一気に逃げ切り、残り6周時点で2番手のライダーに7秒もの大差をつけていた。ここで赤旗が提示され、レースはこの前のラップのリザルトで確定した。

5番グリッドからのスタートしたメランドリ(ドゥカティ)は、驚異的なダッシュですぐにチームメイトの背後につけた。レイ(カワサキ)とサイクス(カワサキ)と激しくバトルを展開し、2位はレイ、メランドリは3位フィニッシュした。

レース2、レース1でライバルを圧倒したデイビスは、新レギュレーションに基づいて、9番グリッドからのスタート。わずか2周で赤旗再スタートとなる波乱の展開となったが、彼のパフォーマンスには何ら影響を与えなかった。当初は6番手を走行し、その後、確実に順位を上げて暫定リーダー、サイクスとの差を詰めた。8周目に首位を奪うと、圧倒的な速さで最終的に2位のライダーに4秒のギャップを開け、地元イベントを完璧な連勝で制した。

レイは好スタートからオープニングラップで4番手につけたが、レース再開後の最終シケインでミスし順位を落としてしまう。それが響き、デイビスを追撃する事はかなわず2位。
サイクスも、好スタートを切って6周目までトップを快走、その後、デービス、レイに先行を許すも3位でフィニッシュした。

今大会の決勝は19周。しかし、赤旗中断の多いレースとなった。レース1は、13周目に転倒したマシンが炎上したことで赤旗中断となり、12周でレースが成立。レース2は、オープニングラップにトラブルでオイルがコース上に出て赤旗中断。18周に減算して再スタートが切られた。

第6戦の英国ラウンドは、5月26日~28日にドニントンパーク・サーキットで開催される。

RESULT Race.1

1 C・デイビス Ducati GBR 21’21.371
2 J・レイ Kawasaki GBR 00’06.696
3 M・メランドリ Ducati ITA 00’09.287
4 T・サイクス Kawasaki GBR 00’09.913
5 X・フォーレス Ducati ESP 00’16.142
6 L・キャミア MV Agusta GBR 00’21.914
7 M・ファン・デル・マーク Yamaha NLD 00’24.638
8 A・ローズ Yamaha GBR 00’25.792
9 R・ラモス Kawasaki ESP 00’34.035
10 S・ブラドル Honda DEU 00’34.585
11 A・デ・アンジェリス Kawasaki RSM 00’39.857
12 L・サバドリ Aprilia ITA 00’40.639
13 R・クルメナッハ Kawasaki CHE 00’43.089
14 R・デ・ロサ BMW ITA 00’43.089
15 A・バドビーニ Kawasaki ITA 00’47.289

RESULT Race.2

1 C・デイビス Ducati GBR 32’12.361
2 J・レイ Kawasaki GBR 00’03.379
3 T・サイクス Kawasaki GBR 00’04.342
4 X・フォーレス Ducati ESP 00’14.441
5 M・メランドリ Ducati ITA 00’14.596
6 A・ローズ Yamaha GBR 00’32.214
7 E・ラバティ Aprilia GBR 00’33.919
8 J・トーレス BMW ESP 00’35.932
9 M・ファン・デル・マーク Yamaha NLD 00’36.099
10 L・メルガド Aprilia ARG 00’37.621
11 R・ラモス Kawasaki ESP 00’40.395
12 N・ヘイデン Honda USA 00’43.738
13 L・サバドリ Aprilia ITA 00’48.589
14 S・ブラドル Honda DEU 00’54.649
15 R・クルメナッハ Kawasaki CHE 00’54.916

RIDERS RANKING

1 J・レイ Kawasaki 235
2 C・デイビス Ducati 161
3 T・サイクス Kawasaki 160
4 M・メランドリ Ducati 124
5 A・ローズ Yamaha 94
6 X.フォレス ドゥカティ 84

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る