ヤマハ、V・ロッシ主宰の「VR46 Riders Academy」と第3回 The Master Campをスタート

日本人ライダー井出翔太を含む6名を派遣

ヤマハ発動機は、バレンティーノ・ロッシ選手が主宰する「VR46 Riders Academy」と協力し、若手ライダーの育成・教育を行うプロジェクト「Yamaha | VR46 Riders Academy」において、第3回となる「The Master Camp」を実施する。

2年目となる2017年は、アジア、欧州、北米、南米、オセアニアとグローバルにライダーを選抜し、全2回(5・7月)、各1週間のトレーニングプログラムを行う。まずは5月10日~14日の開催。日本人ライダー井出翔太を含む6名の若手ライダーが派遣された。

170512_01

昨年同様、ライダーたちは「VR46 Riders Academy」の本拠地イタリアに滞在し「モーター・ランチ」や「ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ」などで、同アカデミーのスタッフやMoto2、Moto3に参戦するライダーの指導のもと、トレーニングに臨む。

以下プレスリリースより


ヤマハ発動機は、アジアから世界へ羽ばたくライダーの発掘・育成を目的に、2015年よりステップアップのための環境整備を進めてきましたが、「Yamaha | VR46 Riders Academy」は、これと連動する育成・教育システムとして2016年に導入。若手ライダーのモチベーション向上や、さらなる経験とスキル習得によるステップアップの促進に努めてきました。

2016年は7月と9月の2回、アジアロードレース選手権・アジアプロダクション250(ARRC・AP250)に参戦するヤマハライダーから選抜した6名が「The Master Camp」に参加しました。

この結果、「Yamaha Thailand Racing Team」のアピワット・ウォンタナノン選手がAP250のチャンピオンを獲得。さらに、2017シーズンより「Yamaha VR46 Master Camp Team」から、CEVジュニア世界選手権Moto3へフル参戦することが決定しました。

以下「VR46 Riders Academy」より


第3回 The Master Campが始動

2017 Yamaha VR46 Master Camp: Day 00 – The Briefing

》Day0の様子

Day1:ライダーたちがMotor Ranchで躍動!

3rd Yamaha VR46 Master Camp: Review Day 01

》Day1の様子

【関連ニュース】
ヤマハ、バレンティーノ・ロッシ選手の「VR46 Riders Academy」を 若手ライダーの育成・教育システムに導入

情報提供元 [ YAMAHA|VR46 Riders Academy ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る