ラウンドアバウト(環状交差点)が象徴するものとは

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

最近、日本でも徐々に導入が進んでいる「ラウンドアバウト」。日本では環状交差点とも呼ばれているが、最近の新聞に気になる記事があった。

欧州などでは、信号がないサークル状の交差点をよく目にすることがある。4叉路や5叉路、それ以上の場合もある。

譲り合いの精神で安全に効率よく

ラウンドアバウトに進入してきた車やバイクは、その中をぐるぐる回りながら、自分の行きたい方向へと出ていく。一見、無秩序のようだがちゃんとルールがあり、たとえば中を回っているクルマに優先権があり、入ってくるクルマは譲らなくてはならない。

また、交差点内のクルマが流れていなければサークルの中に入ることはできず、逆に安全が確認できれば一時停止せずに進入することもできる。

信号などでカッチリと規制しなくても、お互い譲り合いの精神の中でうまく調和しながら、安全に効率よく運転しているわけだ。

海外を旅すると、街中や郊外でもごく普通に見る光景だ。

新聞記事によると、ラウンドアバウトの発祥は英国で、その歴史は意外にも新しく1960年代に考案されたとか。すでに都市化が進み、交通渋滞に苦慮した中で生み出された知恵なのだそうだ。

日本では一般化されていない、ラウンドアバウト

その頃の日本はというと、まだクルマ社会の黎明期。東京オリンピックに沸き、東京に最初の首都高がようやく開通した頃だ。

そこから半世紀が経つが、日本ではまだまだラウンドアバウトは一般化されていない。

70年代には日本でもすで交通戦争、交通渋滞が慢性化してきていにもかかわらず、十次式の交差点のまま今日までやってきてしまった。つまり、改善を怠ってきたわけだ。

信号は絶対という妄信 「右直事故」の悲劇

信号機で規制された十字式の交差点は、いかにも統制がとれていて、安全そうな感じがする。

青は進んでよいのだから、堂々と迷いもなく自信をもって交差点を突っ切ろうとする。でも、信号に統制されるほうの人間は完璧ではない。そこで起こるのが、典型的な「右直事故」だ。
「右直事故」では特に二輪が犠牲になることが多い。

右折待ちのクルマは「渋滞が途切れた隙に急いで曲がってしまおう」とか「対向車が譲ってくれているから有難く……」などと思いがちだが、その陰には二輪がいることをすっかり忘れている。

ライダーのほうも青信号なのだから、と安心してあるいは慢心してすり抜けをし、交差点を突っ切ろうとする。両者の誤解が悲惨な結果を招く。信号は絶対という妄信が招く悲劇と言えよう。

良い仕組みやルールを安全向上や効率化に生かす必要性

ちなみに海外では鉄道の踏切で一時停止する習慣はない。

日本では、コンピュータ制御の遮断機があって、1時間に1本しか通らない踏切でも、延々と列をなして一時停止をしている。

真面目な日本人気質の象徴のような話だが、実際に一時停止しても踏切に入るまで電車が来ているかどうかは見えないケースがほとんどではないか。話は逸れたが、これも一考の余地ありではないだろうか。

ラウンドアバウトが完全無欠ということではない。
ただ、良いものは良いということで、世界に広く目を向けていろいろな知恵や工夫を吸収しつつ、自分たちの安全向上や効率化に生かすことも必要だろう。

夕方の交通ラッシュで殺気立つ交差点でふと思った。

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る