トライアンフ、新商品・新店舗効果により4月過去最高の登録台数を達成

11モデルに及ぶ新型車と新店舗の効果

トライアンフは、2017年4月の登録実績が4月度として過去最高となり、対前年比で3%増の252台となったことを発表した。

トライアンフは2016年に年間実績として過去最高となる1,797台を達成し、2017年1月~4月累計実績はバイク市場全体が前年実績を下回る中、2016年の同時期実績を+4%上回るものであり、2017年も過去最高の年間実績達成に向けて進捗している。

この好調の要因は、昨年導入した11モデルにも及ぶ新型車の販売が引き続き好調に推移していることに加え、2017年に新たに導入した3モデル「ボンネビル・ボバー」、「ストリート・スクランブラー」、「ストリート・トリプル」への受注が当初予想を上回るペースで進んでいることが挙げられる。

同時に、今年新たに開店した新店「トライアンフ仙台」、「トライアンフ横浜港北」、「トライアンフ水戸」、「トライアンフ東京」が、広くゆとりのある店舗スペースと、プレミアムな空間により顧客に支持され、開店初日から多くの来場を集めることで販売実績を下支えするのみならず、ブランド認知やイメージの大幅な向上に貢献していることが理由であると考えられる。

→全文を読む

情報提供元 [ Triumph Motorcycles ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  2. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  3. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
  4. ドゥカティジャパンは、2月15日(金)より「Customize Your Ducati / …
ページ上部へ戻る