[REDBULL]ウィリー連続走行600km。世界記録更新なるか!? その挑戦の全貌を公開

世界記録を遥かに凌ぐ、人類未踏の領域に挑むひとりのライダーの激闘

「331.01915km」

これは今から26年前の1991年にトライアルライダーの工藤靖幸氏が樹立したウィリー連続走行世界記録である。今回、 スクーターパフォーマーの安倍 優が狙うのはこの記録の遥か先にある600kmだ。

日本地図に置き換えると、東京の日本橋を起点とした直線距離換算で、北は青森県の陸奥湾、西は広島県の福山駅……、途方もない数字である。これを 125ccの原付スクーター(※道路運送車両法で50cc~125ccは第二種原動機付自転車に分類)で、しかもウィリーしながらノンストップで走りきるというのだから、クレイジー以外の何ものでもない。

チャレンジ当日、夜が明けて間もなく、舞台となる 川口オートレース場に安倍が到着した。お世辞にも綺麗とは言えない軽トラで会場に乗り入れ、安物のサンダルをルーズに履きこなす彼は設営スタッフかと見まごうばかりの出で立ちだ。

「今日は調子がいいです!」そう言って気丈に振る舞う。

スタートの7時が迫る。今回のチャレンジで安倍のメカニック兼監督を務めるバイクショップ、プロップマンの石井氏が慌ただしく動き出した。安倍とともに装備類の指差し点検をし、入念な最終打ち合わせを行う。準備は整った。

予定時刻から遅れること9分、安倍がスタートラインに着く。日の丸のチェッカーが振られるとスクーターのフロントがふわりと浮いた。「目標達成」か「諦めて止める」まで、前輪が地に着くことは許されない。安倍の孤独な闘いが始まったのだ。

→全文を読む

情報提供元 [ RedBull.com ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る