[MFJ]RS-ITOHが鈴鹿8耐に渡辺一樹を起用し上位を目指す!

2台体制で鈴鹿8耐に臨むRS-ITOH

カワサキプライベーターの雄、RS-ITOHが鈴鹿8時間耐久ロードレースの参戦体制を発表した。

既報のように、今シーズンKRP 三陽工業&RS-ITOHとしてJSB1000クラスにフル参戦している岡村光矩を中心として、全日本J-GP2クラスに参戦中の石塚健と柴田陸樹のトリオでSSTクラスで連覇を狙う。

そして、もう1台は、TEAM JPとDOG FIGHT RACINGとメーカーの枠を超えたタッグを組みTEAM JP,DFR & RS-ITOHとしてエントリー。スーパースポーツ世界選手権に参戦中の渡辺一樹、昨年の鈴鹿8耐でトップ10トライアルに進出した速さを持つマーク・アチソン、ベテランの新庄雅浩を起用し、こちらはEWCクラスで上位を目指す。

マシンはもちろんカワサキZX-10RRにタイヤはダンロップという組み合わせだ。SSTとEWCに1台ずつエントリーするRS-ITOHが鈴鹿の夏を盛り上げてくれそうだ。

渡辺一樹コメント

今年は、古巣のRS-ITOHさんお声がけ頂きました。鈴鹿8耐が、唯一の日本でのレースとなりますので、いい走りを日本のレースファンの皆さんの前でお見せしたいですね。
今まで培った経験がチームのために役立つように事前テストからマシンを仕上げて行きたいですね。
マークは、速さを持っていますし、鈴鹿2&4での走りを見ても、いい刺激になりました。相乗効果でいい方向に行けるように頑張りたいと思っています。

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. キャンプツーリングにオススメバイク特集第2弾!! ウェビックユーザーがオススメする【キャン…
  2. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  3. SHOEIは、「Z7」ヘルメットのニューグラフィックモデルを12月に受注限定で発売することを…
  4. ’04年にZ750がデビュー。’13年にZ800へと進化したZシリーズのミドルモデルが、昨年…
ページ上部へ戻る