スズキ、津田拓也がMotoGPに初参戦!

津田拓也が第4戦スペイン戦に代役エントリー

スズキMotoGPマシンの開発ライダーを務める津田拓也が、第4戦スペイン・ヘレスサーキットに参戦することが発表された。

第3戦アメリカズでレギュラーライダーのアレックス・リンスが負傷。その代役としてのエントリーとなる。

リンスの欠場により、次戦スペインGPは、スズキテストライダーの津田拓也が起用されることになり、津田はスペインGP後の月曜日に行われる公式テストにも参加。
全日本選手権スーパーバイククラスに参戦し、鈴鹿8時間耐久ロードレースでの活躍でも知られる。和歌山県出身。
31歳の津田にとっては、このスペインGPが自身のキャリア初のGP参戦となるが、ヘレスサーキットは、昨年11月に、チームスズキエクスターのシーズンオフテストに参加し、すでに走行経験を持つ。

チームは、もちろんTeam SUZUKI Ecstarとなり自身が開発してきたGSX-RRをライディングする。初参戦となるMotoGPで印象に残る走りを見せたいところだろう。

津田拓也コメント
ヘレスは、昨年の暮れに走っていますがMotoGPのレースは初めてのこと。世界最高峰の舞台ですし、レベルはハンパなく高いですから、全力で走るのは、もちろん、そこから見えてくるものがあると思うので精一杯走ってこようと思っています。このようなチャンスをくださったスズキを始め、チームの皆さんに感謝しつつ、リンス選手の早い復帰を祈るばかりです。

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る