国土交通省、「道の駅」に新たな10駅を追加 全国で1,117駅に

170427_13

国土交通省は、全国に展開されている「道の駅」に新たな10駅を追加登録した。

道の駅は、平成5年に創設された制度により、市町村等からの申請に基づき、国土交通省道路局で登録を行っている。今回新たに10駅追加登録したことで、全国で1,117駅となった。

》「道の駅」の第47回登録について

以下プレスリリースより


「道の駅」は、道路利用者への安全で快適な道路交通環境の提供及び地域の振興に寄与することを目的とし、これまでに1,107駅が登録されています。

今回申請のあった10駅については、道路利用者への駐車場・トイレの提供や道路・地域に関する情報の提供など、道の駅としての機能を備えており、本日、新たに登録を行うものです。

「道の駅」第47回登録箇所(10箇所)

道の駅「ノンキーランド ひがしもこと」

170427_03

◆路 線 名:一般国道334号
◆所 在 地:北海道網走郡大空町東藻琴100番地
◆面積および施設等
・面積:約4,200m2
・施設:駐車場50台、トイレ13器、レストラン、物販スペース、宿泊施設、休憩室、情報発信コーナー、会議室
・整備手法:単独型
◆オープン予定:平成29年度
◆特徴
・世界遺産「知床」へ向かう観光ルートに位置し、近隣地域に不足している情報発信コーナー・休憩施設・トイレを整備。
・魅力ある新しい地域創造の場として、都市住民と地域住民の交流を促進する拠点施設。
・台風・暴風雪による通行止め発生時には道の駅全体を避難所として活用し、大空町東藻琴地区唯一の大型宿泊施設として、宿泊施設も避難所の一部として開放。

道の駅「北欧の風 道の駅とうべつ」

◆路 線 名:一般国道337号
◆所 在 地:北海道石狩郡当別町当別太774番地3外
◆面積および施設等
・面積:約24,500m2
・施設:駐車場80台、トイレ37器、センターハウス(レストラン、テイクアウトコーナー、アトリウム、特産品販売コーナー、情報発信コーナー)、農産物直売所、交流広場
・整備手法:一体型
◆オープン予定:平成29年度
◆特徴
・地元農畜産品の直売所のほか、地元農畜産品を活用したレストランやテイクアウトコーナー、加工品の特産品販売コーナーを整備。
・道都札幌市に隣接する農村という特性を活かし、隣接する市町村や民間企業との連携により、年間を通じた多彩なイベント開催の拠点としての役割を果たす。

道の駅「いいたて村の道の駅までい館」

170427_05

◆路 線 名:主要地方道 原町川俣線
◆所 在 地:福島県相馬郡飯舘村深谷字深谷前12番地1
◆面積および施設等
・面積:約15,600m2
・施設:駐車場58台、トイレ13器、情報提供コーナー、までいホール、EV急速充電、生活必需品販売、軽食コーナー、花卉展示販売ホール、花卉栽培施設
・整備手法:一体型
◆オープン予定:平成29年度
◆特徴
・村の復興計画の中心施設として位置づけ、「人」「もの」「情報」が集まる道の駅を復興拠点として整備する。
・生活必需品の販売やATMの設置など、帰村時の村民の日常生活を支えるための施設を整備。また、高齢者等交通弱者のために宅配等を実施する。
・産業、特に農業復興のため、「花」をキーワードにした先進技術による高価値の花卉栽培、展示、販売により営農再開を進めるための拠点。

道の駅「尾瀬檜枝岐」

170427_06

◆路 線 名:一般国道352号
◆所 在 地:福島県南会津郡檜枝岐村字見通1136番地1
◆面積および施設等
・面積:約12,800m2
・施設:駐車場65台、トイレ11器、レストラン、物販店舗、木工品展示販売所、体育館、情報コーナー、観光案内所、休憩所
・整備手法:単独型
◆オープン予定:平成29年度
◆特徴
・道路利用者の利便性の向上に資する道路情報や地域情報を提供し、村内の周遊を促す。
・檜枝岐村は尾瀬国立公園を有しており観光情報と合わせ、各種イベント情報をタイムリーに発信する機能を有した施設を整備する。
・村の歴史や檜枝岐歌舞伎などの情報を提供するとともに、パンフレットや冊子を充実し来村された方に村独自の文化や伝統の素晴しさをアピールする。

道の駅「木更津 うまくたの里」

◆路 線 名:一般国道410号
◆所 在 地:千葉県木更津市下郡1369番1外
◆面積および施設等
・面積:約9,500m2
・施設:駐車場99台、トイレ18器、農林水産物・加工品等物販施設、飲食施設、情報発信・観光案内センター、地域コミュニティスペース、交流・イベント広場
・整備手法:単独型
◆オープン予定:平成29年度
◆特徴
・ブルーベリー(無農薬栽培)の主要な産地として、生ジュース、ゼリー等の商品開発実績を背景に、さらなる6次産業化の推進と商品・メニュー開発等における女性の活躍の場の拡大。
・当該地区が有する豊かな自然環境や地域資源と有機的に連携したグリーン・ツーリズムや里山セラピー等の活動拠点。
・農業者、商業者、観光客、市民などの交流コミュニティスペースの整備。

道の駅「パレットピアおおの」

170427_08

◆路 線 名:主要地方道岐阜関ヶ原線
◆所 在 地:岐阜県揖斐郡大野町大字下磯313番地2
◆面積および施設等
・面積:約27,000m2
・施設:駐車場230台、トイレ20器、公衆電話1台
情報館、物産加工・販売所、飲食施設、子育て支援施設、防災備蓄倉庫、災害用施設(トイレ・貯水槽・非常用電源)、イベント広場、バス停留所
・整備手法:一体型
◆オープン予定:平成30年度
◆特徴
・東海環状自動車道(仮称)大野・神戸ICに近接し、西美濃地域の広域観光情報等を発信 。
・町特産の農産物直売所(柿・バラ等)や地元食材を使用しレストラン、手作りパンコーナーを設置。
・大規模災害時には、県の広域防災拠点として自衛隊・警察等の活動拠点として活用。
・町内外の親子が交流できる、子育て支援施設(調理室、授乳室、子ども用トイレ等)を設置。

道の駅「奥河内くろまろの郷」

170427_09

◆路 線 名:一般国道170号(市道宮ノ下線)
◆所 在 地:大阪府河内長野市高向1218番地の1
◆面積および施設等
・面積:約15,400m2
・施設:駐車場157台、トイレ16器、奥河内ビジターセンター(特産品販売コーナー、イートインコーナー、情報コーナー、観光案内、多目的・休憩スペース、授乳室)、地産地消レストラン、バザール広場
・整備手法:単独型
◆オープン予定:平成29年度
◆特徴
・都市部にありながら、山々や田畑に囲まれた自然豊かな立地を活かしたサイクリングやウォーキングなど奥河内観光の拠点。
・近隣に大阪府立 花の文化園、市立ふるさと歴史学習館、市立林業総合センター「木根館」等の特徴的な施設があり、道の駅周辺で1日楽しむことのできる環境。
・奥河内の魅力を発信する様々なイベントの積極的な開催。

道の駅「銀の馬車道・神河」

◆路 線 名:一般国道312号
◆所 在 地:兵庫県神崎郡神河町吉冨88番地の10
◆面積および施設等
・面積:約4,500m2
・施設:駐車場30台、トイレ15器、飲食・物販・案内施設、情報提供・休憩コーナー、アンテナショップ、イベント広場
・整備手法:一体型
◆オープン予定:平成29年度
◆特徴
・情報提供・休憩コーナーを整備し、神河の「田舎暮らし」が体験できる四季折々のイベントや特産品の味わい方等、地域資源情報を集積して訪問者に提供。
・日本初の高速産業道路とされる「銀の馬車道」(国道312号)沿線や町内の自然を活かした観光名所の紹介。古民家レストランや空き家をめぐるレンタサイクルを提供し、移住への足がかりへ。
・アンテナショップを整備し、地元の高齢者が主体となって地元特産品(お茶やおはぎ、七輪焼きのおかき等)の味わい方を紹介。また、地域住民が集う公民館的な場として活用。

道の駅「ねごろ歴史の丘」

170427_11

◆路 線 名:主要地方道泉佐野岩出線(市道根来3号線)
◆所 在 地:和歌山県岩出市根来2020番地の1
◆面積および施設等
・面積:約5,600m2
・施設:駐車場88台、トイレ27器、物産販売施設、飲食提供施設、情報提供施設、休憩施設、ねごろ歴史資料館
・整備手法:単独型
◆オープン予定:平成29年度
◆特徴
・史跡根來寺のガイダンス施設「ねごろ歴史資料館」、日本最古の木造和風建築の議事堂「旧和歌山県議会議事堂」に隣接した立地を活かし、根來寺及び岩出市、和歌山県の歴史文化を学べる場を提供。
・根来地域周辺を観光拠点とし、イベントやお祭りの開催、レンタサイクルの実施、語り部による観光案内などを実施し、にぎわいの場を提供。
・和歌山県の玄関口として県内の観光情報をPRするとともに、物産販売施設や飲食提供施設の整備により、県内各地の特産物や土産物の買い物、飲食ができる憩いの場を提供。

道の駅「なかとさ」

◆路 線 名:主要地方道中土佐佐賀線
◆所 在 地:高知県高岡郡中土佐町久礼8645番地2
◆面積および施設等
・面積:約9,800m2
・施設:駐車場20台、トイレ13器、直販店舗、浜焼店舗、パン屋、ケーキショップ、賑わい広場、ちびっこ広場、芝生広場、ドッグラン
・整備手法:一体型
◆オープン予定:平成29年度
◆特徴
・地元農産物及び海産物等の直販店舗(海辺の立地を活かした活魚の販売)、浜焼店舗、パン屋、ケーキショップの整備(6次産業化の推進)。
・「黒潮本陣」「久礼大正町市場」「小草ふれあい公園パークゴルフ場」といった周辺観光施設と連携した交流人口の拡大による、地域の産業・経済の活性化。
・有人観光案内による、周辺観光拠点、地域産業等の紹介を行うことで地域への観光客を誘導。
・施設の後方に高台への津波避難路を整備済み。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る