[JRR]Rd.2 JSB1000 高橋巧が序盤のトップを守り切り開幕戦で久々の優勝!

■大会名称:2017年 MFJ 全日本ロードレース選手権第2戦 SUZUKA 2&4 RACE
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2017年4月23日(日)
■会場:鈴鹿サーキット(5.821km)
■観客数:35,000人
■周回数:35周 
■天候:晴れ 
■コース:ドライ

全日本ロードレース選手権の第2戦が三重県・鈴鹿サーキットで開催された。今大会は鈴鹿2&4レースとして行われ、4輪カテゴリーと併催。
2輪カテゴリーはJSB1000クラスのみ開催され、200km(35周)のセミ耐久が行われた。そのため、タイヤ交換や給油、ライダー交代などのピットワークがあり、鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)の前哨戦としても注目の大会となった。

高橋巧が3年ぶりの勝利

好天に恵まれた鈴鹿サーキット。JSB1000クラスの決勝レースは、コースインから波乱含み。Team KAGAYAMAの2台が時間内にコースインできずペナルティ。1周のウォームアップラップの後ル・マン式により52台が一斉にスタートした。

4番手グリッドの渡辺一馬が好ダッシュを見せてトップに立つとリードを広げようとする。高橋巧、中須賀克行と続くが、スプーンカーブ立ち上がりで中団付近にいた清成龍一が転倒、マシンがコース上に放り出され。レースはSCカーが入り中立状態に。
ペースダウンを余儀なくされたライダーたちは、タイヤを温めようと蛇行したりするが、3周目のシケイン立ち上がりで何と中須賀まで転倒!何とかピットまで戻り修復にかかる。

4周にわたったSCカーが姿を消し、レースがリスタートした後、渡辺に迫った高橋がトップを奪い、その後は2分7秒台のペースでレースをリードしていく。2番手グループには渡辺、津田拓也、山口辰也、野左根航太、濱原颯道、らが続く。予選3番手の藤田拓哉はスタートで遅れて、12番手あたりから徐々に追い上げてくる。

35周のセミ耐久レース、18周前後で各車ともピットイン、給油、タイヤ交換、あるいはライダー交代なども行う。高橋もピットインをこなしながら7秒台のペースで周回し、終始実質トップをキープ。
ピット作業も落ち着いた頃、中盤に2位集団から抜け出てきた野左根が転倒で姿を消し、序盤ペースが上がらなかった津田が2番手に浮上、少し離れて渡辺、順位を上げてきた藤田、山口が3番手争いを繰り広げながら続く。その後方は濱原、秋吉耕佑がそれぞれ単独走行となっている。

高橋はそのままトップを守り切り、今季開幕戦で久々の優勝、2位には津田、3位は終盤にメカトラブルでペースの上がらなかった津田に約1秒差まで迫った藤田が、単独では初となる3位表彰台に上ることになった。山口が4位、渡辺は5位、濱原、秋吉と続き、酒井大作がトライアウト勢の最上位の8位でチェッカーを受けた。

RESULT

1 高橋 巧 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda Honda 1h22’17.766
2 津田 拓也 ヨシムラスズキMOTUL Suzuki +13.886
3 藤田 拓哉 YAMALUBE RACING TEAM Yamaha +14.639
4 山口 辰也 Honda Dream Racing Honda +21.402
5 渡辺 一馬 Kawasaki Team GREEN Kawasaki +23.766
6 濱原 颯道 ヨシムラスズキMOTUL Suzuki +37.975
7 秋吉 耕佑 au & テルル・Kohara RT Honda +43.249
8 酒井 大作 BMW Motorrad39 BMW +1’08.957
9 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha +1’40.111
10 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング Suzuki +1’44.070
11 渥美 心 UQ & テルル・Kohara RT Honda +1’44.908
12 近藤 湧也 GBSレーシング YAMAHA Yamaha +1’51.819
13 岡村 光矩/Mark Aitchison KRP三陽工業&RS-ITOH Kawasaki +1’52.948
14 関口 太郎 オートテクニックスポーツPGR Honda +1’55.013
15 松崎 克哉 Kawasaki Team GREEN Kawasaki +2’02.184
16 日浦 大治朗/安田 毅史 Honda 鈴鹿レーシングチーム Honda +2’10.457
17 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki -1 Lap
18 石塚 健/柴田 陸樹 RS-ITOH Kawasaki -1 Lap
19 児玉 勇太/武石 伸也 TONE RT SYNCEDGE 4413 BMW -1 Lap
20 寺本 幸司 Motorrad Rennsport BMW -1 Lap
22 長尾 健吾/吉田 忠幸 NCXX RACING Yamaha -1 Lap
23 津田 一磨 チタニウムパワー フーターズ レーシング Yamaha -1 Lap
25 稲垣 誠/南本 宗一郎 AKENO SPEED・YAMAHA Yamaha -1 Lap
36 宮腰 武 磐田レーシングファミリー Yamaha -2Laps
41 池田 貴彦 立秋モータース&RC甲子園YAMAHA Yamaha -2Laps
42 中本 翔/吉田 和憲 大阪Mobius icuRT99&OUTRUN Yamaha -2Laps
43 上和田 拓海 Webike チームノリックヤマハ Yamaha -4Laps
44 慶楽 大樹/有川 浩太郎 チーム・エッチングファクトリー Yamaha -4Laps
45 上野 友寛 磐田レーシングファミリーwithYMC Yamaha -4Laps

RIDERS RANKING

1 高橋 巧 Honda 35
2 津田 拓也 Suzuki 32
3 藤田 拓哉 Yamaha 30
4 山口 辰也 Honda 28
5 渡辺 一馬 Kawasaki 26
6 濱原 颯道 Suzuki 25
9 中冨 伸一 Yamaha 22
12 近藤 湧也 Yamaha 19

関連記事

ページ上部へ戻る