[JMX]Rd.2 ヒート1でTeam HRC、ヒート2でカワサキがそれぞれ1-2フィニッシュ!

■大会名称:2017全日本モトクロス選手権第2戦関東大会
■開催日:2017年4月23日(日)
■会場:埼玉・オフロードヴィレッジ
■天候:晴れ
■観客:8000人

開幕戦の2週間後、会場を九州から関東に移し、全日本モトクロス選手権の第2戦が行われた。
埼玉県川越市と上尾市にまたがるオフロードヴィレッジは、平坦な河川敷に設けられたコースで、ビッグジャンプや長いフープスをタイトターンで結んだレイアウトが特徴。
これまでも大会毎に部分的なレイアウトを変更して来たが、今回はダブルジャンプやコンビネーションジャンプをテーブルトップジャンプに、またストレートにシケインを設けるなど安全対策を重視した変更が施された。

オフロードヴィレッジの硬質土にウッドチップを混ぜた路面は、入念な掘り起こし作業が施された。土曜の夜に降った雨によって、日曜の午前中はウエットで滑りやすい状況だったが、午後にはわだちの多いドライコンディションとなった。

ヒート1 Team HRCが1-2フィニッシュ

ヒート1でホールショットを奪ったのは成田亮(Team HRC)。これに山本鯨(Team HRC)が続いて、Team HRCがトップ2に。山本はスタート直後から積極的に成田の攻略を試みたが、成田は巧みにこれをかわしてトップをキープ。4周目の段階では、成田を先頭に山本、新井宏彰(カワサキ)、小方誠(カワサキ)、小島庸平(スズキ)までが先頭グループに。

5周目以降、このトップグループからまず小島が脱落して、優勝争いは、ほぼ4台に絞られたかたちに。成田、山本、新井、小方が接近戦を続けたまま、レースは後半を迎た。そして、1、2秒の差で4台が数珠つなぎとなったまま、順位変動はなくレースは終盤に入った。

優勝争いに動きがあったのは、ラスト3周となった18周目。トップを守ってきた成田がわずかにミスをして、この間に山本が先行。成田が2番手となった。すると山本は、次周にペースを上げてリードを拡大。成田には残り2周で順位を上げてきた小方が迫ったが、ここは成田が抑えた。そして山本がトップ、成田が2位、新井が3位でチェッカーを受けた。

ヒート2 カワサキチームグリーンが1-2フィニッシュ

ヒート2では好スタートを決めた新井(カワサキ)が早々とリーダーになり、成田が2番手、小島(スズキ)が3番手、小方(カワサキ)はオープニングラップ6番手につけた。
トップ新井と2番手成田のラップタイムには1~2秒の差があり、数周で独走状態がほぼ固まった。

小方も徐々にポジションを上げ、中盤に成田と小島をかわして2番手に到達。15秒ほど先行する新井の背中を追いかけたが、大詰めの17周目にエンジンをストールさせて、逆転はならなかった。

前を走る成田にプレッシャーをかけた小島は、8周目に隙を付いてこれをパスし2番手に浮上。レース折り返しの10周目にひとつ順位を落とした小島は、後半単独走行となるもののしっかりとペースを維持。

優勝は独走した新井、2位に小方、3位は小島でチェッカーとなった。

IA1 RESULT Heat.1

1 山本 鯨 Team HRC Honda 32’17.610(20Laps)
2 成田 亮 Team HRC Honda 32’21.878
3 新井 宏彰 カワサキ チーム グリーン Kawasaki 32’22.737
4 小方 誠 カワサキ チーム グリーン Kawasaki 32’23.290
5 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 32’54.666
6 平田 優 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha 32’57.838
7 深谷 広一 Team SUZUKI Suzuki 33’05.165
8 星野 優位 KTMうず潮レーシング福山 KTM 33’06.060
9 伊藤 正憲 YSP浜北大橋Racing-Muc-off Yamaha 33’39.783
10 池谷 優太 SRF TEAM RED ZONE Suzuki 33’41.792
11 大塚 豪太 T.E.SPORT Honda 33’42.386
12 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ Honda 33’44.989
13 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ& Annex Club Kawasaki 33’46.426
14 大石 一斗 グリーンクラブREAL RIDE with ピュア Kawasaki -1Lap
15 馬場 大貴 TEAM 887 With Hondaドリーム大田 Honda -1Lap
16 鈴木 正明 SRF 関東&秀明道場 Suzuki -1Lap
17 白石 翔也 Y’sレーシング Yamaha -2Laps
18 村上 洸太 Honda 緑陽会熊本レーシング Honda -2Laps
19 中村 泰介 RT MIKURA with ALL-ONE Yamaha -2Laps
20 諸見里 祐哉 秀明道場 Suzuki -2Laps

IA1 RESULT Heat.2

1 新井 宏彰 カワサキ チーム グリーン Kawasaki ’32’19.125(20Laps)
2 小方 誠 カワサキ チーム グリーン Kawasaki 32’34.807
3 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 32’47.048
4 成田 亮 Team HRC Honda 32’49.363
5 平田 優 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha 32’50.860
6 星野 優位 KTMうず潮レーシング福山 KTM 33’05.968
7 深谷 広一 Team SUZUKI Suzuki 33’11.819
8 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ Honda 33’17.504
9 伊藤 正憲 YSP浜北大橋Racing-Muc-off Yamaha 33’37.102
10 池谷 優太 SRF TEAM RED ZONE Suzuki 33’46.103
11 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ& Annex Club Kawasaki 33’47.243
12 鈴木 正明 SRF 関東&秀明道場 Suzuki -1Lap
13 山本 鯨 Team HRC Honda -1Lap
14 大塚 豪太 T.E.SPORT Honda -1Lap
15 馬場 大貴 TEAM 887 With Hondaドリーム大田 Honda -1Lap
16 白石 翔也 Y’sレーシング Yamaha -1Lap
17 中村 泰介 RT MIKURA with ALL-ONE Yamaha -2Laps
18 諸見里 祐哉 秀明道場 Suzuki -2Laps
19 村上 洸太 Honda 緑陽会熊本レーシング Honda -3Laps

IA1 RIDERS RANKING

1 成田 亮 Honda 87
2 山本 鯨 Honda 80
3 小島 庸平 Suzuki 74
4 新井 宏彰 Kawasaki 70
5 小方 誠 Kawasaki 69
6 平田 優 Yamaha 69
8 伊藤 正憲 Yamaha 48
16 白石 翔也 Yamaha 17

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る