【新車】カワサキ、生産終了となる「ESTRELLA」に Final Editionを追加 人気を博したクラシックモデル

カワサキのネオクラシックモデル、「ESTRELLA(エストレヤ)」のFinal Editionが発表された。デザインは、カラー&グラフィックに650RS(W3-A)をイメージしたカラーリングを採用、専用のエンブレムとデカールが施されている。

発売日は、2017年6月1日、メーカー希望小売価格は575,640円(税込)。

カワサキの定番ネオクラシック、ついに生産終了へ


25年間変わらないスタイルで、ノスタルジックな雰囲気を持った「ネオクラシックモデル」として人気を博してきたエストレヤ。

エストレヤは92年にデビュー。空冷シングルエンジンにキャブトンマフラー、サドル型シートやスポークホイールを採用。往年の英国車や今のカワサキの原型となった「メグロ」を思わせる、ノスタルジックな雰囲気を持った「ネオクラシックモデル」として人気を博してきた。

2007年にはフルモデルチェンジが行なわれ、キャブレターからFIシステムへと燃料供給方式が改められて現在に至っている。年式によってブレーキシステムがドラムやディスクであったり、シート形状などに変更が見られるが、誕生から25年間ほぼそのままの姿で販売されてきた希少なモデルである。

鼓動感あふれるロングストロークに小回りの利くコンパクトな車体


エンジンは空冷4スト単気筒SOHC2バルブ249ccで直立したシリンダーが特徴だ。外見はクラシカルだが、吸気系にはFIシステムを採用。

ボア66.0m×ストローク73.0mmという典型的なロングストローク設定で低回転トルクに優れる特性があり、実用域で扱いやすい上に、単気筒ならではのメリハリのある鼓動感を感じられる。

また、エストレヤの最高出力は13kW(18PS)/7,500rpmと控えめだが、1,410mmのショートホイルベースと装備重量161kgの軽量コンパクトな車体で、左右それぞれ40°のスアリングアングルは抜群に小回りが利く。

スムーズな曲線と長い直線ラインから構成されるキャブトンタイプマフラーを採用することで、クラシカルなビジュアルとともに歯切れの良い排気音も実現している。

ESTRELLA Final Edition

カラー&グラフィックはカワサキの名車である、650RS(W3-A)をイメージし、専用のエンブレムとデカールがシックなデザインを演出。 フューエルタンクの光沢のある美しい仕上がりは水転写デカールによるもので、車体各部のクロームメッキと組み合わせられ、その上質さを一層高めている。

空冷4ストローク単気筒エンジンの生み出す心地良いフットワークと、シンプルでありながら気品のある外観はFinal Editionに相応しい特別な一台となっている。

■名称
ESTRELLA Final Edition

■カラー
キャンディアラビアンレッド

■メーカー希望小売価格
575,640円(本体価格533,000円、消費税42,640円)

■発売予定日
2017年6月1日

主要諸元

車名(通称名) ESTRELLA Final Edition
マーケットコード BJ250LHFB
型式 JBK-BJ250A
全長x全幅x全高 2,075mm×755mm×1,055mm
軸間距離 1,410mm
最低地上高 170mm
シート高 735mm
キャスター/トレール 27°/96mm
エンジン種類/弁方式 空冷4ストローク単気筒 / SOHC 2バルブ
総排気量 249cm³
内径x行程/圧縮比 66.0mm×73.0mm/9.0:1
最高出力 13kW(18PS)/7,500rpm
最大トルク 18N・m(1.8kgf・m)/5,500rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウエットサンプ
エンジンオイル容量 2.0L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛5段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.636(29/11)
2速 1.733(26/15)
3速 1.300(26/20)
4速 1.050(21/20)
5速 0.833(20/24)
一次減速比 / 二次減速比 3.363(74/22) / 2.666(40/15)
フレーム形式 セミダブルクレードル
懸架方式 テレスコピック(インナーチューブ径 39mm)
スイングアーム(オイルショック)
ホイールトラベル 120mm
95mm
タイヤサイズ 90/90-18M/C 51P
110/90-17M/C 60P
ホイールサイズ 18×1.85
17×2.15
ブレーキ形式 シングルディスク 300mm(外径)
ドラム(リーディングトレーリング) 160mm(内径)
ステアリングアングル (左/右) 40°/ 40°
車両重量 161kg
燃料タンク容量 13L
乗車定員 2名
燃料消費率(km/L) 39.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)
31.5km/L(WMTCモード値 クラス2-2、1名乗車時)
最小回転半径 2.4m
カラー キャンディアラビアンレッド(RD1)
発売予定日 2017年6月1日
メーカー希望小売価格 57万5,640円

→全文を読む

情報提供元 [ カワサキモータースジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る