鈴鹿8耐に、グレーム・クロスビー氏の来場が決定!第3回大会の優勝コンビが共演

第3回大会でヨシムラを優勝に導いたレジェンドが登場!

鈴鹿サーキットは、2017年7月27日(木)~30日(日)に行なわれる「2016-2017 FIM世界耐久選手権最終戦”コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会」に、グレーム・クロスビー氏の来場が決定したことを発表した。

クロスビー氏は、第1回大会から第13回大会の間で10回参戦するなど、1980年代の鈴鹿8耐を代表するライダーの1人だ。
また、すでに今年の”コカ・コーラ”鈴鹿8耐に来場が決定しているウェス・クーリー氏と、1980年の第3回大会でチームを組み、ヨシムラ(チーム名:ヨシムラ・ジャパン)を優勝に導いた。
今年の40回記念大会では、往年の優勝コンビが共演する。

クロスビー氏の出演イベントは、決定次第アナウンスされる。

グレーム・クロスビー氏

【プロフィール】
1955年生まれ。ニュージーランド出身。
鈴鹿8耐、デイトナ200、マン島TTレースなどで勝利を挙げ、様々なレースで活躍をみせる。
鈴鹿8耐では、第1回大会で3位(トニー・ハットン組)、第3回大会では1位(ウェス・クーリー組)に輝くなど、数多くの功績を残している。

【グレーム・クロスビー氏コメント】
初めに、鈴鹿サーキットが8時間耐久ロードレースの40回記念大会を迎えることをお祝いしたいと思います。

その慎ましかった始まりから、一貫して私はこのイベントに強い関心を持っておりましたが、「世界で最も名声のある象徴的なモーターサイクルイベント」と認識されるようになり、このモータースポーツの旋風の中に私が関われたということを誇りに思っております。

今日このイベントを観ていると、何千人もの観衆やオフィシャル、チーム、ライダー達が、この激しいレースの中で感情の浮き沈みを経験しています。
チームがどんなに勝利への作戦を立てようと、そこには勝者と、当然のごとく敗者がいます。
しかし、8時間をやり遂げた後の光景がいかに厳しいものであっても、毎年ファンを引き寄せるものです。今年も参加する皆さんの幸運を祈ります。

→全文を読む

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る