[JTR]Rd.2 黒山健一が開幕2連勝!5年ぶり王座奪還へ期待!

全日本トライアル選手権シリーズ 第2戦近畿大会は初めての会場、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。
広大な敷地と切り立った山肌を舞台とした岩盤など、険しい地形を持つ魅力的なエリアで行われた。

■開催日:2017年4月16日
■開催地:和歌山県・湯浅トライアルパーク
■観客:2,100人
■気温:25度
■天候:晴れ
■競技:10セクション×2ラップ+SS-2セクション
■持ち時間:5時間(10セクション×2ラップ)
■最多クリーン数:黒山健一(ヤマハ)/8

黒山健一が開幕2連勝!5年ぶり王座奪還へ期待!

ヤマハファクトリーレーシングチームから参戦する黒山健一(ゼッケン2)が、新型エンジン搭載のニューマシンTYS250Fiに乗り、最高峰の国際A級スーパークラスで開幕ダッシュした全日本トライアル選手権シリーズ。

黒山にとってはニューマシンで初めて走る会場で、25度という気温の高さも気になるところだが、今回ももちろん優勝をめざして戦いに挑んだ。

競技は5時間の持ち時間で10セクションを2ラップした後、より難易度が高く観客が見やすい場所に用意された2つのスペシャル・セクション(SS)で争う。今回のセクションは難易度が高く、勾配が急でなおかつ非常にグリップが難しい急斜面などで減点5となる失敗が多く見られた。

試合開始早々の第1セクションから、黒山が5点、小川友幸(ゼッケン1)が3点と、ともに減点で始まった。1ラップ目の後半は僅差を争う接戦が続いた結果、1ラップ目終了時点では黒山の最大のライバルである小川が減点29でトップ。

最終セクションのSS-2を前にして、黒山は野崎(ゼッケン3)と3点差、小川とも4点差とまだまだ予断を許さない。大岩がそびえ立つ、最後の難関を最初に走った小川がクリーン。野崎は減点3となり、小川が野崎を逆転。そしてついに黒山の番が回ってきた。

ここで失敗すれば、小川の逆転を許してしまう。大きなプレッシャーがかかる中、黒山は足着き2回で切り抜けて、見事に優勝を獲得。
終わってみれば小川と2点差だったが、第1戦の圧勝に続いて開幕2連勝。昨年の第6戦、第7戦(最終戦)からニューマシンで負け知らずの4連勝を記録、5年ぶり王座奪還への期待を高めた。

次回第3戦九州大会は5月14日、大分県の玖珠トライアルヒルズで行われる。

RESULT

1 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 減点50/クリーン8
2 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 減点52/クリーン7
3 野崎史高 YSP京葉×KEN OKUYAMA Sherco 減点54/クリーン7
4 小川毅士 宗七音響 Wise Beta Team Beta 減点78/クリーン4
5 柴田暁 Vertigo with Mitani Vertigo 減点/78クリーン4
6 野本佳章 モトベント&ベータ Beta 減点93/クリーン2
7 斎藤晶夫 Honda ブルーヘルメット Honda 減点97/クリーン1
8 藤原慎也 Team Hiroko Gasgas 減点106/クリーン0
9 成田亮 ハザードブレーカーズBeta Beta 減点106/クリーン0
10 久岡孝二 Vertigo with Mitani Vertigo 減点108/クリーン0

RIDERS RANKING

1 黒山健一 Yamaha 40ポイント
2 小川友幸 Honda 34ポイント
3 野崎史高 Sherco 28ポイント
4 小川毅士 Beta 28ポイント
5 柴田暁 Vertigo 22ポイント
6 野本佳章 Beta 19ポイント
7 斎藤晶夫 Honda 19ポイント
8 久岡孝二 Vertigo 12ポイント
9 藤原慎也 GasGas 8ポイント
10 吉良祐哉 Beta 8ポイント

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る