【新車】クラスを超えたパフォーマンス!ホンダ、新型の軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売

Hondaは、新設計の水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒250ccエンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を5月12日(金)に発売する。

今回国内発売が発表された「CBR250RR」は、2015年に開催された第44回東京モーターショーで、コンセプトモデル「ライトウェイト・スーパースポーツコンセプト」として出展され、多くの二輪ファンの注目を集めたモデルだ。
昨年末にはインドネシアで発売が開始され、日本でのスペックや価格についての予想が展開されていた。

【関連ニュース】
◆新型「CBR250RR」が期待どおりの最新最強スペックで登場!インドネシアで発売を開始!
◆新型CBR250RRに初試乗!剛性感ある車体にレーシーなエンジン、予想を上回る仕上がりです!

操る歓びを妥協なく追い求めた、新世代フルカウルスポーツモデル

CBR250RRは250ccクラスのスーパースポーツモデルとして、CBR“RR”シリーズの思想「トータルコントロール~操る楽しみの最大化」を共通の背景としながら、「直感、体感、新世代“RR”」を開発コンセプトに、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計。

エンジンは、低中回転域での力強さとスーパースポーツならではの高回転までシャープに吹けあがる特性を高次元で両立するとともに、高出力化を実現。スロットルグリップの開度を機械式ではなく電気信号を介して伝達する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を250ccクラスで初めて採用している。

走る姿でも、独自の存在感を放つ

車体は、剛性としなやかさを両立した鋼管トラス構造フレームを新設計。フロントに倒立タイプのサスペンションを、リアには左右非対称形状のアルミ製スイングアームと路面追従性に優れたプロリンクサスペンションを採用するなど、卓越した動力性能を余すことなく引き出せる操縦性を実現。

スタイリングは、低く構えたフロント周りから後方に向けて高く跳ね上がる先鋭的なデザインで、力強さと速さを直感させる独自の存在感を表現。また、フューエルタンク後端部からシートへ繋がる部位の幅を大きく絞ることで足つき性の良さと取り回しやすさにも配慮している。

灯火器類は、独特な存在感のあるデュアルヘッドライトをはじめ、ウインカー、テールランプなどすべてに高輝度のLEDを採用し、コンパクトさを活かしたシャープな造形で、よりアグレッシブな印象を与えている。

また、カラーバリエーションは落ち着きのあるブラックをベースに、ダクト部分などに高彩度のレッドを施すことで高い動力性能を表現した「マットガンパウダーブラックメタリック」と、洗練されたイメージのシルバーをベースに、カウルのエッジ部や入り組んだ部分に高彩度のイエローを施すことで独自の存在感を表現した「ソードシルバーメタリック」のほか、HondaのレーシングDNAをイメージさせる「ヴィクトリーレッド」の3タイプを設定。

販売計画台数 (国内・年間)

3,500台

発売日

5月12日(金)

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

CBR250RR
マットガンパウダーブラックメタリック
ソードシルバーメタリック
756,000円(消費税抜き本体価格 700,000円)

CBR250RR
ヴィクトリーレッド
777,600円(消費税抜き本体価格 720,000円)

CBR250RR<ABS>
マットガンパウダーブラックメタリック
ソードシルバーメタリック
806,760円(消費税抜き本体価格 747,000円)

CBR250RR<ABS> ヴィクトリーレッド
828,360円(消費税抜き本体価格 767,000円)

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれない

CBR250RRの主な特徴

パワーユニット


「気持ちよく速さを体感できる出力特性とエキゾーストサウンド」を目標に、低中回転域での力強さと、スーパースポーツならではの高回転までシャープに吹けあがる特性を両立した、水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒250ccエンジンを新設計。

ショートストローク化による高回転時の耐久性と静粛性両立のため、クランクシャフト、コンロッド、バランサーシャフトの各軸受にメタルベアリングを採用するとともに、カムチェーン張力を安定させるダブルピボットテンショナーを採用。

車体


「優れた動力性能を安定して引き出せる操縦性」を目標に、剛性としなやかさを併せ持つ鋼管トラス構造のフレームを新設計。各部を構成するパイプの径、肉厚、材質やそれらの接合位置を最適化することで、耐久性、剛性バランス、振動特性、軽さなど、フレームボディーに求められる性能を高次元でバランスさせている。

また、アルミ製のスイングアームは、右側アームを「への字」形状とすることでエキゾーストパイプの外側への張り出しを抑え、車体のスリム化とバンク角の確保を寄与。

制御・電装

「スタイリングや走りとシンクロした先進性」を目標に、250ccクラスで初となる「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を採用。スロットルグリップの操作に対して、より緻密なスロットルバルブの制御を図ることで、上質で安定感のある加速フィーリングを実現している。また、3種類のライディングモードの設定により、ライダーの好みに合った出力特性を選択可能にしている。

スタイリング

「力強さと速さを直感させる独自の存在感」を目標に、低く構えたフロント周辺から高く跳ね上げたテールにわたる先鋭的なウェッジシェイプとしたほか、硬質で塊感のある面構成で「力強さ」を、各部のエッジにより「速さ」を表現している。

2017 CBR250RR / ABS

▼マットガンパウダーブラックメタリック

▼ソードシルバーメタリック

▼ヴィクトリーレッド

CBR250RR / ABS 主要諸元

通称名 CBR250RR
車名・型式 ホンダ・2BK-MC51
全長×全幅×全高 (mm) 2,065×725×1,095
軸距 (mm) 1,390
最低地上高 (mm)★ 145
シート高 (mm)★ 790
車両重量 (kg) 165〔167〕
乗車定員 (人) 2
燃料消費率※2(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※3
40.1(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値★(クラス)※6 26.7(クラス3-2)<1名乗車時>
最小回転半径 (m) 2.9
エンジン型式・種類 MC51E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列2気筒
総排気量 (cm3) 249
内径×行程 (mm) 62.0×41.3
圧縮比 ★ 11.5
最高出力 (kW[PS]/rpm) 28[38]/12,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 23[2.3]/11,000
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 14
クラッチ形式 ★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.272
2 速 2.187
3 速 1.727
4 速 1.421
5 速 1.222
6 速 1.068
減速比(1次★/2次) 2.781/2.928
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 24°30´/92
タイヤ 110/70R17M/C 54H
140/70R17M/C 66H
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式(倒立タイプ)
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド
【関連ニュース】
◆新型CBR250RRに初試乗!剛性感ある車体にレーシーなエンジン、予想を上回る仕上がりです!
◆新型「CBR250RR」が期待どおりの最新最強スペックで登場!インドネシアで発売を開始!
◆【ケニー佐川 コラム】ホンダが新型「CBR250RR」を正式発表! 電制スロットルとエンジンモードを初採用!
◆【新車】ホンダ、新型スポーツモデル「CBR250RR」を発表 2016年末にインドネシアで発売後、国内発売も!
◆ホンダから新型「CBR250RR」が並列2気筒で復活か!?

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る