[TSR]ル・マン24時間耐久ロードレース、決勝は5位でフィニッシュ!世界ランキングも4位に浮上

ライダー達の好走により、一時3位にまで順位を上げる

F.C.C. TSR Hondaは、ル・マン24時間耐久ロードレースに参戦。予選7番手スタート、決勝を5位でフィニッシュし、世界ランキングも4位に浮上した。

メカニカルなトラブルによる、ピット作業の大きなタイムロスをライダーたちの懸命な走りで挽回したレースとなった。

以下公式サイトより


第40回を数える2016-2017EWC世界耐久選手権シリーズ第2戦ル・マン24時間耐久ロードレースの決勝レースは、定刻通り、4月15日(土)15時(現地時間)に始まった。F.C.C. TSR Hondaのスタートライダーはグレッグ・ブラックが務め、好スタートからレース序盤は5位~6位付近でレースを進める。

しかし、ティゾンに交代するピット作業でブレーキにトラブルが発生し、1分17秒もの時間を費やしてしまう。さらに1台にかわされたものの、ペースを取り戻したティゾンは、6位でダミアンにバトンタッチ。5位に順位を上げると、再びグレッグもプッシュして4位に浮上、トップ3台を追いかける。

次のピット作業で再び手間取り、1分33秒もの時間を使ってしまう。作業を終えてコースに7位で戻ったティゾンは、その後のダミアン、グレッグとルーティン周回をこなして、ピット作業も50秒前後でこなしながら、5~7番手をキープして戦いを続ける。ボーナスポイントの対象となる8時間経過時点では5位となる。

その間もピット内ではトラブルについての対応を検討していたが、4位に浮上していた400周目頃のピットワークでは、ブレーキキャリパーを交換するなど、2分以上ロスしてしまった。

その後のピットワークも連続してタイムを費やしてしまい、順位は5位だがトップ差が広がってしまった。しかし、ライダーたちの走りで挽回を見せ、520周にはついに3位まで順位を上げることに成功したのだ。

前後には強力な年間参戦チームに挟まれる順位で走行を続けるが、周回も600周を数える終盤戦、再びブレーキキャリパーを交換した後はトラブルも収まったが、5番手のポジションとなった。

→全文を読む

情報提供元 [ TSR ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る