ル・マン24時間耐久ロードレース・鈴鹿8時間耐久ロードレース共同会見が開催

40回の記念大会を迎えるにあたり、さらなる相互協力へ

フランスのブガッティサーキットにて、ル・マン24時間耐久ロードレースを主催するフランス西部自動車クラブ(Automobile Club deL‘ouest 、以下ACO)と世界耐久ロードレース選手権をプロモートするユーロスポーツ・イベンツ(EUROSPORT EVENTS、以下EEL)、鈴鹿8時間耐久ロードレースを主催する株式会社モビリティランドの3社による共同会見が開かれた。

以下プレスリリースより


これは、今年ともに40回の記念大会を迎えるにあたり、両主催者ならびにプロモーターがさらなる相互協力をすすめ、シリーズの価値を世界に知らしめることを目的に、ル・マン市のジャン・クロード・ブラール市長および、国際モーターサイクリズム連盟(Federation Internationale de Motocyclisme、以下FIM)のスティーブ・アイシュリマンCEOも参加して行われた。

また、かねてからル・マン市と鈴鹿市が友好都市関係にあったことから、この度、双方の40回記念を記念した「鈴鹿市長賞」が優勝チームとライダーに贈られることとなり、その楯も紹介された。

▲(左から)ピエール・フィヨンACO代表、フランソワ・リベイロEEL代表、スティーブ・アイシュリマンFIM CEO、ジャン・クロード・ブラールル・マン市長、モビリティランド社長山下晋

フランス西部自動車クラブ(ACO) ピエール・フィヨン代表

鈴鹿、そしてル・マンがともに40周年を迎え、今回鈴鹿サーキットからお越しいただいたことを心から歓迎する。

鈴鹿とル・マンが、耐久レースの中心的存在として、歴史を築いてきた。40周年を迎える今年は、ル・マン24時間の歴史の新たな始まりである。我々は、将来に向けて、オートバイ耐久レースの持つ価値・強みを高めるとともに、鈴鹿との連携もさらに強め、オートバイ耐久レースの国際化に寄与していきたい。

ユーロスポーツ・イベンツフランソワ・リベイロ代表

ル・マン24時間の記念すべき40周年を心から祝福する。そして、その40周年を祝うためにル・マンを訪れた鈴鹿に感謝する。

我々は、EWCの放映を世界7億世帯にまで広げ、今後も増やしていく。また、シリーズの舞台を東南アジアにも広げていく。ヨーロッパ、日本、アジアやアメリカから新たなチームが、この2大レースであるル・マンと鈴鹿を目指していけるよう、ル・マンそしてモビリティランドと協力して、できる限りの努力を続ける。

株式会社モビリティランド取締役社長 山下晋

ル・マンは偉大な歴史を持つサーキットである。この40周年を心から祝福する。

ル・マン市と鈴鹿市のつながりは深く、1990年から友好都市提携を結んでいる。双方の交流そして耐久レースの価値を高めるために、私共は過去には鈴鹿8耐で日本人最上位となったチームを派遣するなどの取り組みを進めてきた。

今回、ル・マン24時間と鈴鹿8耐がともに40回大会を迎えることを記念して、鈴鹿市より「鈴鹿市長賞」を預かり、優勝チーム・ライダーに授与させていただく。この賞が新たな友好の証になることを期待する。

1978年に第1回が始まり、現在までに世界のトップライダーも数多く参戦し、多くのファンに楽しんでいただいた。近年増えつつある若者層をさらに増やす努力をするとともに、ACOならびにEELとの連携をさらに強め、世界そしてアジアにこのシリーズの魅力と価値を広めて行きたい。今日はその新たなスタートを切れたことを心から嬉しく思う。

情報提供元 [ モビリティランド ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る